まるっとゆめ♪note
FC2ブログ



毒親育ち×HSPによる子育て備忘録。時々、解毒剤&中和剤制作中♪ リンクフリー(*˘︶˘*).。.:*♡

Prev  «  [ 2019/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
ぷろふぃーる
5歳の女の子のかあちゃん
  「ゆめ」です(*˘︶˘*).。.:*♡

このブログは育児のことをメインに、人生において「学ぶべきものはナニカ」について「誰かのナニカの足しになれば」と、自分の考えていることを発信中。

かあちゃんは「真面目でチャランポラン」になることを目指し、「まるっと」人を包むような優しさを持ち合わせていけたらなぁと思っています♪

「more ぷろふぃーる」
My Favorite Things.時々更新してます。

↓フォロー&「いいね」してね♪

「hino cafe ♪ telier 」
↑私のお店でお買い物してね♪

「note」
↑私のnoteに投げ銭してね♪

どうぞ宜しくお願いします_(._.)_

since 2017.1.26
さくひんしゅう
こそだてぎょうじとらのまき
我が家の行事日記をまとめてみました。多くのかあちゃんたちのナニカの足しになればと記事にしてみました。長文注意。
こそだてかんごとらのまき
悩みは尽きない子育て中に困ったカラダのこと。多くのかあちゃんたちのナニカの足しになればと記事にしてみました。長文注意。
ずぼらりょうりれしぴとらのまき
作り方は手抜きですが美味しいです。ズボラになりたい人のナニカの足しになれたらと記事にしました。長文注意。

5歳の女の子、過剰歯を抜きました!

過剰歯を抜歯した経過記録になります(*˘︶˘*).。.:*♡

※歯の写真とかを載せてますので閲覧注意です!

前回の記事はコチラ

11月14日。幼稚園をお休みした娘は、午後から岡山大学病院の口腔外科で抜歯をしてきました。折を見ては「注射さえ我慢すれば大丈夫」と教えてきたかあちゃん。娘は注射がどのくらい痛いのかという確認を10回くらいしましたが、泣くことも愚図ることもなかったです。だから既に覚悟ができている娘に関心するばかりでした。

あ、でも病院の中では抱っこして歩きましたよ!
地球の力を蓄えたかったようですw

レントゲン室には1人で入って歯の写真を撮りました。そして診察台にどっしりとした感じで座り、先生から説明を受けました。前回の受診でもう1本の前歯も一緒に抜くかも?と言われていましたが、今回のレントゲンでは、大人の歯がきれいにまっすぐ向いていたので、そのまま経過観察することになりました。

かあちゃん、見てられなかったですが、ちゃんと見ていました。
歯を抜くのって、かなり力技なんですね。。。

治療中、娘は微動だにせず先生の指示に従いました。全く泣きませんでしたね。先生からは「8歳の男の子でもこの前泣いて動いたのに凄い!」と褒められ、誇らしそうにしていました。

切開&縫合はしていないので止血して終了。

経過はかかりつけの歯科で見てもらうことになり、紹介状を頂いて帰りました。
車の中、まだ麻酔が効いていたので「痛くない、ブニョブニョする」など言っていました。
15739656770.png
ヨダレを吸い込みながら飲み込んでいました。

お口の中はこんな感じ。
15739657330.png
数日中に下の歯がもう一本抜けそうなので、完全な歯抜けさんですね。

麻酔が切れました。
15739657100.png
「痛い」と繰り返しますが、ご褒美の苺ジュースは飲めちゃいます。

で、勲章の過剰歯が下の写真ですよ。
15739651320.png
左:過剰歯 右:乳歯

1ヶ月前に抜けた乳歯と比較してみました。想像よりもデカかったです。

「痛い、痛い」と言いながらも、最近購入したジェンガで遊んだりしていましたが、18時ぐらいから発熱しちゃいましたよ。

38.3℃

最初は、水分がうまく取れてないから脱水かも?とか思いましたし、抜歯のせいで多少は微熱とか在り得るかもと思っていましたが、まさか、こんなに高い熱になるとは思っていなかったので、かあちゃんの心労はピークに達しましたね。

次の日は仕事だというのに。。。

寝るまで「痛い」と繰り返しましたが、痛み止めを使うこともなく、極上の甘えで乗り切りました。翌朝には熱も下がり、抜歯3日目の今日も経過は順調に思われます。11月21日にかかりつけの歯科へ受診予定。今日まで食べるものに少し困りましたが、何事もなくて良かったです(*˘︶˘*).。.:*♡

明日は幼稚園にいけるかな???

スポンサーサイト



5歳の女の子、家のお仕事は床掃除担当になりました

一昨日、掃除機が壊れました。


どうも断線したようです(¯―¯٥)

ということで、今日は電気屋さんに新しい掃除機を買いに出かけました。掃除機って、いいなぁと思うやつはお値段が高めですね。ダイソンの使いやすくて欲しいなぁと思ったやつは7万くらいしました。

来月から勤務が週5になるかあちゃん。
掃除機をかける頻度が増える旦那さま。

旦那さまと色々やりとりをしている中で、私は「なんか掃除機っていらなくない?」という気持ちが湧いてきました。現状、掃除機かけても髪の毛とかホコリとか残ってて、気がついたらウエッティーで3日に1回くらいは、部分的に拭き掃除をしているって感じだったんですよね。

そして私はクイックルワイパーの存在を思い出しました。毎日掃除機をかけていると、3万くらいの掃除機は5年程で壊れちゃうよねっていう話になり、クイックルワイパーのシートの毎日使う設定でお値段を比較すると、なかなか良い勝負だったんですよね。

むしろ、クイックルワイパーのほうがホコリは立ちにくいし、髪の毛は回収しやすいし、バッテリーとか気にしなくていいのでは?ということになり、これは良いことづく目なんじゃないかって。そして旦那さまの性にも合っている感じがする。ということで、慌てて掃除機を買わなくても、とりあえずクイックルワイパーを試してみたら良いんじゃない?という結論になりました。

元々、クイックルワイパーの本体を持っていたので、初期投資もいらないじゃんと。

でもお店で本体を見てみると、昔のやつよりちょっと良くなっている感じだったので、私はピコン!と思いつきました。新しいやつを買って、古いやつは娘用にして、一緒に掃除したら良くない?って。そして娘が(´∀`*)ウフフとなっている様子が想像できました。

我が家にクイックルワイパーの本体が2本。

幼稚園から帰った娘にお掃除の話をするとノリノリになりました。娘サイズに柄を調整できたので、なんだか一段とやる気満々になって、「私のお仕事は掃除だね!」と嬉しそうでした。一通り、娘なりに掃除をしたあとは、掃除道具をウエッティーに持ち替えて家具の拭き掃除までやってましたよ。

いつまで続くかは分かりませんが、これも経験。かあちゃんがお仕事に行く分、とうちゃんと2人で頑張ってほしいものです(*˘︶˘*).。.:*♡

かあちゃん、130万円の壁に悩む日々

新人が入職してくるなんてありえない12月は、人手不足に3周輪をかけて人手不足になることが確定しました。手元にある11月の勤務表を眺めながら、目の前に困っている人がいたら放おっておくことができないかあちゃんの前に立ちはだかったのは「130万円の壁」。


再就職したときは週2でしたが、4ヶ月目の現在は週3で出勤をしています。でも来年も週3をやると完全にアウトなんですよね。。。よく言われる扶養外の「働き損ゾーン」で働くようになってしまいます。でもこれは職場に申し出たときからの想定内だったので、職場にも来年はできないことを伝えていました。だから当然のように何も問題ないだろうなぁと思っていたのですが、それでも真面目に扶養の範囲内で働くには?と調べて計算をしてみると、来年は週2で働くとしても「月8回以上は完全にアウト」ということが発覚しました。だってね、再就職当初、パートに資格手当&休日手当とか付けてくれるだなんて知らなくて。。。来年、私が出勤する日は祝日が多いんです。だから週2だけど、月に1回はお休みしないといけないし、場合によってはそれでも超えちゃう可能性があるのです。

来月から深刻な人手不足なのに、月7回しか出勤できないパートって使いにくくない?いや、もうちょっと出てくれって私への不満がたまらない???なんて思ったり、まぁ表立ってそういう攻撃に合うことはないだろうけれど、かあちゃん的にはとにかく微妙なんですよね。冒頭に書いたように、目の前に困っている人がいたら放おっておくことができないかあちゃんは、そこにいる利用者さんのことを不憫に思うし、人材に恵まれない正社員さんのことを不憫に思うのです。

古き良き昭和の匂いを感じさせる職場。

良くも悪くも経営陣も含み、とにかく今の職場は世知辛くはないのです。だからどうにか手伝うことができないのかと考えたのですが、本当に「130万円の壁」って高いんですよ。。。だから扶養外で働くようになって、世帯年収を上げるにはどうしたら良いのかというを検討しました。

パートの身で会社に厚生年金をかけてもらうには、正社員の4分の3の時間と日数を満たさなくてならないんですよね。もし厚生年金をかけてもらえる条件を満たせない場合は、国民年金&国民健康保険をかけたらどうなるかなども旦那さまと勉強し、真面目に家族会議を重ねました。

もちろん娘の精神状態が最優先です。仕事に行き始めてから、幸いにも娘の自立は進みました。ただ週3になって幼稚園がない土曜日に半日出勤するのは「なんだか寂しい」とのこと。土曜日に関する娘との最初の約束は「期間限定」だったのですが、娘が何も言わないから大丈夫なんだろうと考えていたかあちゃんは「130万円の壁」を超えるために土曜日の半日出勤をするわけにはいかなくなり、全てのバランスを探るというのが大変でした。

・娘と過ごせる時間を今と同じぐらいは確保すること
・旦那さまの仕事へ支障が出ないようにすること
・私が疲れをためないで済む出勤日数にすること

家族会議の結果、「平日に週5の出勤(半日、早出、半日、早出、早出、休、休)なら可能」という結論に至りました。明日は出勤日なので、施設長さんに「月7回出勤」と「平日に週5」どっちがいいですか?と聞いてきます。どうなることやら、ドキドキですね。本当は月7回の方が楽ちんでよいんですけどね。とりあえず憂鬱だけどがんばるんばー☆

5歳の女の子、就学時健康診断&制服注文

就学時健康診断&制服注文のため、小学校へ行ってきました!


娘は学区外の幼稚園に通っていますが、少し前まで「幼稚園のお友達と一緒が良い」と言っていたけれど、運動会を終えてからはココロの準備が整ってきたようで、今は「人数の少ない小学校より、多い小学校の方が良い!だって友達100人作れるから!」だそうですよ。明らかに負の連鎖から脱却しているように感じるのでホッとしています。

さて、受付まで少し時間があったのですが、昨年習っていたリトミックのお友達がいたので、娘はちょこっと安心したようです。いやー通わせて良かったですよ。そして気になっていた子どもの数は、100人を超えてましたね~・・・ということは、会場には200人以上がいたのです。

えー、当然のようにHSPのかあちゃんは圧倒されました~。全然、説明のアナウンスが耳に入ってこねぇじゃねぇかぁ~あんまり頭に残らねぇよ~(怒)ということで、カッチョ悪いかあちゃんだけれど、旦那さまに一緒に行ってもらって正解でした(^_^;)

就学時健康診断は、内科→耳鼻科→眼科→歯科の順番でした。

内科は上半身裸にならなくちゃいけなかったのですが、娘っ子はそれが恥ずかしくてたまらない感じだったので、スポンと脱いだ後は上の服をよだれかけのようにして前を隠しました。先生の診察直前でパッとはずし、診察中に裏返った衣服を表にして、目隠しから出る寸前に肌着だけをかぶせるという早業で対処しました。

耳鼻科は2人の先生が来られていたので、あっという間に終了。先生の眼鏡のところにアンパンマンが付いていたのに気がついた娘は、あとでニヤニヤしておりました。

眼科は先生が1人だったので長蛇の列になってましたね。午後からの検診だったから完全に眠たくなっていた娘は、右目を擦っていたので少し赤くなっていました。やはり先生は気にされていましたが、ま、目やにとか出るようなら眼科へ受診してくださいとのことでした。

歯科は、前の人が治療跡なのかと聞かれていたので、過剰歯が生えてるし、下の歯が抜けたし、もう一本もグラグラだし、とりあえずなんか聞かれるかなぁとか考えていましたが、全く何も聞かれずで、健康診断は全てクリアしましたよ!

就学時健康診断を終えた段階で、娘と共にヘロヘロとなったかあちゃん。次は制服注文だったのですが、なにせ会場にしっかりとした案内がなく、2階の家庭科室ってどこやねん!って感じでした。職員に訪ねたら違う方の登る階段を教えられたりと、まぁ普通にたどり着いたし物品注文もできたので良かったですが、なんだかなぁという対応が多くてヘロヘロかあちゃんは完全にイライラしました(汗)

旦那さま主導で物品注文したのですが、体操着は1週間持ち帰らないから1着しか買わないという情報をママさんたちからゲットしたようです。制服上下も1着、ポロシャツは2着という感じで注文しました。服はオール120、靴は17、帽子はフリーサイズ。これで間に合うのかなぁ???なんかランドセルもあったけど、外の売り場より安いような印象を受けました。あとは名前シールを400円で注文。

娘は眠たいし疲れ果てて、ずーっと空咳をしていましたね。。。途中は抱っこして背中さすったり移動したりしました。娘にとっても、とうちゃんが一緒に来て正解でした。全部終了する頃には眠気が落ち着いて空咳も治まり、帰りの自転車では「疲れたから甘いものを買って帰ろう!」ということで、コンビニでチョコケーキを買って帰りました。

帰宅後、おやつ食べながらやれやれと思っていると、会場に配布された封筒を忘れたことに気が付きました。そして再度、小学校へ行くことになりました。旦那さまと娘に任せたのですが、家を出る前に、娘へ「何か声をかけられたりしたら、ペコっとだけでもいいからしなさい」と念を押しておきました。しかし先生から「さようなら」と言われて、とうちゃんからもするように促しても何もしなかったそうで、状況を聞いたかあちゃんは娘を叱り飛ばしました。

いえね、分かるんですよ。HSCにとって初見はとても労力がいるということを、恥ずかしくて(怖くて)仕方ないということをね。しかも疲れた体で小学校に再度行っていることも。でもあいさつだけはそろそろできるようにならないと困るよなぁと思って、疲れている娘を叱り飛ばしたんです。かあちゃんもとうちゃんも疲れてますが、とりあえず泣いている娘と「初めて会った知らない人にでも、あいさつはきちんとする」という約束をしました。

おはようございます
こんにちは
こんばんは
ありがとう
ごめんなさい
さようなら
いただきます
ごちそうさま

幼稚園ではできているんですけどね。どこでも誰にでも慣れたらできるんですけどね。それでは社会に出たときに困ってしまいます。寝る前にもう一度、娘とあいさつの約束を確認しました。娘はすぐに「もうできると思う」と言いますが、もう一つ話を掘り下げてみました。

初めて会う人には「恥ずかしいからできない」って言うけど、かあちゃんは怖いっていう気持ちもあると思うんよ。幼稚園はたくさん行って慣れたからできるようになったけど、初めての人はどんな人かな?良い人かな?悪い人かな?って思っているから、恥ずかしくて怖くてできない。でもそれはあいさつをしてみないと分からないと思うよ。よく考えてみて。悪い人って、大きな声をしたら逃げていくことがあるって、交通安全の先生に教えてもらったよね。初めて合う知らない人に大きな声であいさつをしたら、もしかしたら悪い人は「あ!これはまずい」と思って逃げていくかもしれんよ。

こんな説明をして娘は「なるほど」という反応を示しました。あいさつをする意味について、恥ずかしくてもあいさつはした方が良いと合点がいったようです。

あいさつができない方が恥ずかしい、教えてもらったことがないと思われるのが恥ずかしい、教えたとうちゃんやかあちゃん、幼稚園の先生がちゃんとしてなかったって思われるなど、社会の表層の理屈よりも、「自分を守るためにもあいさつをするんだ」という着眼点は、HSCにとっては重要なんでしょうね。これはHSPのかあちゃんだから分かることだし、交通安全の先生がどんな指導をしているかPTAの担当で知っていたから、娘のココロの腑に落ちる言葉を導き出せた訳で、PTAは完全に面倒くさいし廃止してくれれば良いと思っているけれど、廻り廻って娘の役に立っているんですよね。。。

いやー、娘の制服姿は可愛かったですよ♪2月に注文したものが届いて物品販売をするらしいし、体験入学とかもあるみたいなので、それにもできたら参加して、小学生になる準備を親子で整えていけたらなぁと思っています(*˘︶˘*).。.:*♡


かあちゃん、やっぱり後味が悪いんだよなぁ。。。

只今週3で出勤中。再就職して3ヶ月が経ちましたが、実質は1ヶ月半くらいですかね。そして先日、何年も行われていなかった職員会議がありました。最初は事務的な報告でしたが、会議の本題は仕事ができない正職員さんへの本人からすれば「吊し上げ」、私たちからすれば「建設的な話し合い」でした。


皆に理解が難しい相手、本人も無自覚な大人のASグレーゾーンの正社員さん。

それでも皆に人情があるから職員会議という「勝負」をしたのです。全ての原因は職場にマンパワーが足りないからなのかもしれません。突き詰めれば日本社会、政治のせいだと思います。何度教えても仕事ができない上に口ごたえをする定年前の正社員さんのせいで皆が疲弊し、和が乱れ、利用者やその家族、また大概的な面でもフォローがいる現状だったので、この1年半程耐えてきた皆は、今後有給をとれず休みを返上してでも、「もう辞めてもらいたい」が本音でした。

何年もしていない職員会議を開催した施設長の肌感覚には驚きましたが、立場上、それしかできないし、この勝負に負けたらまたしばらく我慢して働いてという意味もあって、本当に学ばせてもらうことが多い施設長さんです。仕事上で凄いと思わせてくれた大人は初めてなので、仕事に行くのがとても楽しいですが、それはさておき、目の前で展開される水掛け論に圧倒されつつも、どうにもならない現状を思いやり、たった3ヶ月の私にでさえ発言をしてほしいとお願いしてこられる皆をどうにか援護しつつ、仕事ができない正社員さんが激情することなく和やかに会議を進めることができないかと立ち回るかあちゃんでした。

ええ、どっと疲れましたよ(¯―¯٥)

私の発言は、

この仕事はチームワークなので、正社員さんのある行動についてはショックを受けました。前の職場でもそういう人がいたけれど、その方は辞められたので、そういうことするときって覚悟の上なのかなぁと思います。なんとも言えない空気があって、この職場を続けていこうか悩んだけれど、端々から感じる人の温かさというかアットホームな感じを受けたからか、少しでもお手伝いできたらなぁと思ってます。

この前の利用者さんの受診の件ですけど、やっぱり組織だし、パートの、しかも3ヶ月しか来ていない私が、正社員さんから「どうしましょうか」と聞かれると、ここのやり方もまだ分からないので、あのときは「私がしますよ」と言ったけど、きっと皆さんならどうにかしてくださると思うけれど、あのときは正直、困りました。

と、こんな感じです。片棒を担がされた感じといいますが、担がなくちゃ後々大変だよなぁという感じで自ら担いたといいますか、とにかくストレス大でしたね。。。

翌日のASグレーゾーンっぽい正社員さんは、いつものように小耐えた感じもなかったです。ただ今回の職員会議は、今までコロコロ変わっていた進退発言に終止符を打つ決定打となったようです。施設長や事務長から「○○さんが辞めるから誰か良い人おらんかなぁ?」とパートの私にまで話があったので、ASグレーゾーンっぽい正社員さんの発言が、今度こそコロコロ変わらないように事実のものとしていくらしいですね。。。

やれやれ。

来月から更に、人手不足の上に人手不足が重なります。仕事ができない正社員さんでも頭数だったのでね、もうね、施設閉鎖しかないんじゃないかっていうレベルなんだけど、今の施設長だから現場が回っているようなもんで、いったいこれからどうなるんだろうと、私は施設長さんから学ぶために、できることをがんばるんばーなのです☆

熱を帯びたものには弱いHSPかあちゃんです

私にできる「未来への種まき」っていつも焼け石に水だなぁと思うけれど、ほんの小さな小さな積み重ねがこの世界を創っているのだから、毒親の負の世代連鎖を断ち切って娘のココロを健全に育てることに邁進するのみだなぁと、今日はなんだかココロが熱くなっています。


人生において「学ぶべきものはナニカ」について「誰かのナニカの足しになれば」と、自分の考えていることをブログで発信しつつ、時々チクチクしながら他の子どもちゃんへおすそ分け、職場で人への温かみや専門性を持って働く姿勢を示しながら、何か一つでも伝われば良いなぁと願い、一期一会を大切に気持ち良く生きていきたいなぁと考えています。

結局、自分で色んなことを吸収しながら自分を救いつつ、自分にできる「未来への種まき」を頑張るしかない。次世代を生きる娘のためにと言えば大げさだけれど、世知辛い世の中を憂いている私には、彼の、熱を帯びた演説に感化されてしまいました。


あんまりね、こういったことをブログで書くのは好きじゃないけどね。ちょっとなんだか怖いしね。でもね、私にできるのはこれっぽっちだけれど、一人でも多くの人に彼の熱が伝われば良いなぁと思っています。他にも涙しながら演説してたやつとかもあったよ。どうせ末期症状の日本社会なんだから、彼が良いんじゃないかなぁと、今は感じています。

君は 荒れ果てた 土地にでも種子を 蒔くことができるか~♪


5歳の女の子、初めての詩的なもの

娘が急に思いついたようで、「おうたのもんだよ」と書いた詩です。

わわわわさんたら わわわさん
わいわいさんたら わわわさん
いちいちいちばんだ!
にばんだにばんだ やったーやったーやったぁだ
さんばんださんばんだ ちょっとだけうれしくないけど
やったーやったーさんばんだ

昨日は運動会のリレーの練習があって「負けたら悔しいよね」とか、それに対して「惜しかったよね」とか帰りの会で話したエピソードを元に思いついた詩みたいです♪なんだかほっこりかあちゃん。今しか書けない詩かもしれませんね(*˘︶˘*).。.:*♡

遂にデビュー

お久しぶりです。
スマホから初投稿です(*˘︶˘*).。.:*♡
畳に寝っ転がってできるだなんて嬉しすぎ♪
Bluetoothキーボードが欲しいかもしれないけれど、うん、とりあえず満足です。
LINE始めてみたし、虹色牧場漬けになってみたりしております。
じゃあまたお会いしましょう☆

あたらしい
5歳の女の子、過剰歯を抜きました! Nov 17, 2019
5歳の女の子、家のお仕事は床掃除担当になりました Nov 07, 2019
かあちゃん、130万円の壁に悩む日々 Oct 31, 2019
5歳の女の子、就学時健康診断&制服注文 Oct 16, 2019
かあちゃん、やっぱり後味が悪いんだよなぁ。。。 Oct 09, 2019
こめんと
かてごり
ふるい
このみあれやこれやりんく
かうんたー