まるっとゆめ♪note
FC2ブログ



毒親育ち×HSPによる子育て備忘録。時々、解毒剤&中和剤制作中♪ リンクフリー(*˘︶˘*).。.:*♡

Prev  «  [ 2019/02 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  » Next
ぷろふぃーる
4歳の女の子のハンドメイドかあちゃん
  「ゆめ」です(*˘︶˘*).。.:*♡

「ブログが新しく生まれ変わりました」

このブログでは育児のことをメインに、人生において「学ぶべきものはナニカ」について「誰かのナニカの足しになれば」と、自分の考えていることを発信中。
自身がもっと「楽」に生きていけれるように、また娘への負の世代連鎖を断ち切ることも目的とした備忘録になります。
かあちゃんは「真面目でチャランポラン」になることを目指し、「まるっと」人を包むような優しさを持ち合わせていけたらなぁと思っています♪

「more ぷろふぃーる」
My Favorite Things.時々更新してます。

私のやりたいことは「未来への種まき」♪
コメントを頂けるととっても喜びます!
リンクフリー。
皆さまのブログでも応援して下さい♪

↓お店のことをメインにつぶやき中(*^^*) ↑フォローしてください♡

育児に奮闘しながら、息抜きにチクチク&アミアミ。基本的に娘が喜んで遊んだものを、他の子どもちゃん達にもおすそ分けしたい気持ちから、フェルトのおもちゃを「hino cafe♪telier (minne)」 で販売中。是非、遊びに来てくださいね♪

どうぞ宜しくお願い致します_(._.)_
since 2017.1.26
さくひんしゅう
こそだてぎょうじとらのまき
我が家の行事日記をまとめてみました。多くのかあちゃんたちのナニカの足しになればと記事にしてみました。長文注意。
こそだてかんごとらのまき
悩みは尽きない子育て中に困ったカラダのこと。多くのかあちゃんたちのナニカの足しになればと記事にしてみました。長文注意。
ずぼらりょうりれしぴとらのまき
作り方は手抜きですが美味しいです。ズボラになりたい人のナニカの足しになれたらと記事にしました。長文注意。
ココロのかんごとらのまき
生きにくさを感じる人のナニカの足しになれたらと記事にしてみました。育児中の人にも読んで欲しいかもです。長文注意。
どくおやたいしょとらのまき
親を尊敬する必要はない。親が嫌い。でも見捨てはしません。毒親に育てられた私のココロの処世術を記事にしています。長文注意。

娘との自覚的な同一化は、子どもな私の育てなおしになる

いつものように自分のためと、「誰かのナニカの足しになれば」と思い記事にしています。多くの方にはスルー推奨ですよ_(._.)_



今日は幼稚園の行事で娘がバスに乗って遠出をしてきました。ということで、これに関する私のココロの動きをまとめておこうと思います。

お知らせをもらったとき、まず思ったのが「嫌だなぁ」でした。
そして次に思ったのが「心配だなぁ」でした。

行事の2日前に母が家に来たのですが、機嫌よく帰ったので、母の機嫌でメンタルが左右されるのは釈然としないのですが、私は少し怖いくらいに絶好調でした。

行事の前日も朝から絶好調。久しぶりに1日を気分良く過ごせました。そして今の私なら「何でもできるわよ!」というくらいでしたが、夜に娘を寝かしつけた後から絶不調になりました。

もしかして親の反動?やっぱりナニかしら毒されているのかなぁ?なんて思っていたのですが、気になったのは明日の娘の行事のことでした。ということで、お知らせをもらったときの「嫌だなぁ」と「心配だなぁ」について掘り下げて考えてみました。

私のココロの中を覗いてみると、

・子どもな私が「行きたくない」と言っていた。
・子どもな私(=毒された大人な私)が娘を「行かせたくない」と言っていた。
・大人な私が娘を何らかの理由で失いたくない不安から「リスクはOじゃない」と思っていた。
・大人な私が娘を何らかの理由で失いたくないという漠然とした不安から言っていた。
・大人な私が娘が怖い思いをしたらツライだろうなぁ、守ってやれないなぁと思っていた。

つまり、かあちゃんは分離不安を感じていたんです。そしていつものように問題は子どもな私の部分です。突き詰めると、実際には行かないにも関わらず子どもな私が「行きたくない」と叫んでいる。そして大人な私は、子どもな私と娘が違うことがツラかったし、もちろん羨ましい。

同一化。

絶不調な現象について理解を深めたら、子どもな私がひと泣きして気持ちが収まりました。

幼稚園の行事の当日。前日は少し恐がっていた娘ですが、色々と説明をしたお陰もあって、娘は張り切って登園をしました。そして先生には「とうちゃんとかあちゃんに話を聞いたから大丈夫。先生の隣に座らなくていい」と言ったそうです。そして娘の幼稚園児の中で、1番楽しそうにリアクションをしていたらしいですよ。冒険をしてきた娘は、楽しかったし達成感もあったようです。

かあちゃんやとうちゃんと一緒でなくても大丈夫な娘。

大人な私は少し「幼稚園から連絡が入らないから、娘は大丈夫」と思うだけで、必要以上な不安や焦燥感はなかったです。このことからも、当日はきちんと母子分離できていました。

さて今回は、娘との無自覚な同一化はダメだけれど、自覚的な同一化はアリだと思いました。それは子どもな私のココロが娘にくっついて「行きたくない」と言っていたけれど、娘と同じように冒険が「楽しかったし達成感」を味わったように思うからです。つまり娘に子どもな私を投影して疑似体験をしたという感じでしょうか。これで子どもな私は少し成長したような気がするし、この疑似体験は「育てなおし」の一貫なのだろうなぁと感じました。

スポンサーサイト

毒親関連の話をnoteに書き始めてみました

上手く書けるかどうか、続くかどうかも分からないけれど、少しでも「誰かのナニカの足しになれば」いいなぁと思っています。


3連休2日目4

毒親育ち×HSPの自身に起こっている現象について、FC2で言語化したあと、それを読みやすいように手を加えたりしながら「毒親」に特化した記事を書いていきます。もちろん毒親関連以外にも有益と思える内容は記事にしていくつもりです。

たぶん「のろのろペース」だと思いますが、とりあえず3ノート分が書けたので、興味のある方は覗いてやってください_(._.)_

娘の乳歯が抜けて思うこと&母のこと

いつものように自分のためと「誰かのナニカの足しになれば」と思い書きました。多くの方にはスルー推奨ですよ_(._.)_



娘の乳歯が抜けて大きくなったなぁと成長を喜んでいる大人な私。
娘の乳歯が抜けてなんだかショックを隠せない子どもな私。

健全な家庭環境のもとで育った親ならば、きっと子どもの成長を素直に喜べるのだと思います。前者の私は、娘の成長を素直に喜びました。恐がる娘を抱っこして共感したり宥めたり、そして「おめでとう」と言ったりしていました。

でも娘が大きくなったという事実を目の当たりにし、子どもな私がショックを受けたことに大人な私がショックを受けてしまいました。もちろん大人な私は子どもな私のココロをひた隠しにして娘と関わり、娘が眠ったあとに子どもな私を大事にしてやろうとします。いつまでも娘をヨチヨチしたい私、いや、いつまでもヨチヨチされたい私がいるので、つまり後者は、娘を無自覚に「支配したい」気持ちの表れであり、娘を同一視した、まさに「負の世代連鎖」なんですよね。

いつもの如く旦那さまに迷惑をかけつつ。。。

旦那さまとの話の中で、健全な家庭環境のもとで育った人ならば、思春期を終えた頃に良い感じに子どもな自分を土台に大人な自分がくっついて、遂に自我が完成して自立するのではないかということになりました。

でも毒親育ちの私は自我を完成させることができず、精神的に自立を果たせないままきているから、今だに私のココロの中に2人の性質が混在している。だけど、これまでずっと自覚化作業で大人な私を強化して、世代連鎖を断ち切るために大人な私を基軸に子どもな私を「こっちだよ~」と誘導してきたからこそ、娘への毒の濃度は限りなく薄まっているんですよね。それは幼稚園へ楽しく通えていることから、健全なココロが育ってきている証があるからそう思えるわけです。そしてやっと子どもな私の本格的な育てなおしの段階が始まったということなのでしょう。

と、こんな話をしている中、私が思春期に「死にたい」と思った理由について、旦那さまが思いがけないことを言いました。

「動物的に考えると、思春期は肉体が成熟して子孫を残せる状況になるけれど、毒親環境によって自身のココロが健全に育っていないと、例え子どもを作っても子育てに失敗してしまう。それは人間という種全体のコストで考えると損であるため、子育てに失敗しやすくなってしまった個体は本能的に精神が死に近づくようにプログラムされているのではないか。ただし強い理性によって実際に死を選ぶことはほとんどない」

ちょうど私が死にたいと思った時期と生理が始まった時期が一緒だったので、書籍で得たどんな知識よりも、今までで1番、妙に納得できたのです。思春期における「死にたい」気持ちについて、たぶん科学的に証明されていないけれど、もしかして遺伝子に書き込まれているのかもしれない。。。

私は「なんで私はこんなんなん!」と、昔も今も自分に否定的な言葉をココロの中で投げつけてしまうのですが、今回の話を通して、今感じてしまう「なんで私はこんなんなん!」は思春期の頃の私の叫びなのかなぁ?と思いました。

すると。

旦那さまとの会話中にも関わらず、「こっちだよ~」という謎の呼びかけを頭が始めました。呼びかけが繰り返されていると、それに応じるように、頭の中に「高校生の頃の私」の映像が出てきました。

え?この前は5歳だったのに???

何かしらのきっかけがあれば、子どもな私の育てなおしが勝手に始まるという不思議な現象。子どもな私を育てなおすことができたら、健全な子どもな私に大人な私がくっついて、精神的に自立できそうな気が、さらに強まってきました。



今日は母が来ました。とても機嫌が良かったので、やはりこのまま急に寿命が縮まってくれないだろうかと思ったのですが、でも前回ほどの罪悪感はありません。

母は作りかけのフェルトの作品を見て「凄いのがあるなぁ。よーやるんじゃー」と嬉しそうに笑いながら呆れつつ「楽しくてやっとんなら良いよなぁ」と言いました。それなら母の職場に「ひなまつりのリース」を持っていったら良いのになぁと思ったので見せてみました。

母「これいくらぐらい?買う人いるの?」
私「今年は1つ出たかなぁ。たまに好きで買ってくれる人がいるんよ」
母「年寄りはうさぎより、こっちのほうが良いなぁ。忘れんようにカバンへ入れておこう」

minne-IMG_0189.jpg 
こんな感じですんなりと持って帰りましたよ。これにはかなり驚きました。このあと本当に職場へ持っていくのかは分かりませんが、とりあえずチクチクしていることについて、初めて肯定的な態度を見せてくれたので私も気分が良いです。

どこまでいっても親の愛を求めるのが子どもの性(さが)。

そりゃあ、母の成熟がかなり遅い状況ではあるけれど、子どもである私は好きなことをしていて認めてもらえると、また少し自己承認に繋がりますよね。どうかこのまま機嫌の良い母でいておくれ☆彡

4歳の女の子、初めて歯が抜けました

【2月17日】
近所の公園でお昼ご飯を食べていました。

ローソンの塩唐揚げ美味しいですよね
生え変わり1
食べる前はちゃんとあった前歯ですよ!
でも塩唐揚げを食べ終わると前歯がありませんでした(✽ ゚д゚ ✽)

母「あ、歯がなくなっている!」

えー・・・娘はしゃべりませんでした。そして泣きませんでした。とりあえず口の中に残っている塩唐揚げを出して確認しましたが、すでにお腹の中だったんですよね(๑´•.̫ • `๑)

お昼ご飯の後は公園で遊ぶ予定でしたが、お茶でうがいをしてからすぐに家へ帰りました。もちろん抱っこで。。。でも家にたどり着く前にかあちゃんは力尽きてしまったので、娘に歩いてもらうことにしました。そしてちゃんと家まで歩けましたよ。かあちゃんは娘が大きくなったことを心底実感しました。

娘「歯を見るのが恐い」

泣いたら歯が痛くなるかもしれないと泣けなかったようです。再度、白湯でうがいをしたりして歯が抜けたところを確認。ちょっと肉芽があるもののキレイに抜けてくれていました。その後は抱っこしたり宥めたりしていました。でもダメなんですよね。しばらくしてとりあえず娘の気持ちを浮上させるために思いついたのが、今朝録画された3話目のプリキュアを見ることでした。

母「そういえば新しいプリキュアがあるよ!」

するとあっという間に娘の表情がニヤニヤ顔になり、すぐにプリキュアを見ました。そしてプリキュアを見たことで自分と向き合う力になったようです。

娘「なんか歯が見れそうな気がしてきた」

かあちゃんのお膝抱っこで歯を確認
生え変わり2
甘えモードでガッツリと歯が抜けた顔を受容中。

この晩、寝付きが悪かったです。明日の幼稚園が不安だったようで、「明日起きてダメだったら休もう」というとすぐに落ち着いて眠りました。

【2月18日】
かあちゃんは99%幼稚園を休むと思っていたのですが、娘は寝起き直後に「行く!」と決意した一言を発したので驚きました。ちゃんと登園しましたよ。その日はリトミックもあったのですがそれもきちんと頑張りました。

【2月19日】
夜中、モゾモゾと寝れなかった様子。今朝はいつものように台所でガチャガチャお弁当の用意をしてテレビもつけていましたが、自分で起きれませんでした。たぶん心労が。。。昨日はかなり頑張ったしなぁと思い、もう起こさずに幼稚園を休ませました。もちろん遅れて起きた娘は怒っていましたが、顔つきがかなり疲れた表情だったので休ませて正解だったと思います。

この日はなんとなく絵本を読もうと思ったらしくチャレンジしていました
生え変わり3
簡単な絵本を読めるようになったのが自信になったらしく、ちょっと長い絵本も大きな声で読んでいましたが、途中で力尽きていましたねwそして絵本が読めるようになったからか、パズルもできるようになったかも?と思ったらしく、それもチャレンジしていましたね。簡単なやつはサラッとひとりでできていました。パズルなんて全くしていなかったので、もう処分しようかなぁ?と思っていたくらいなのですが、ふと、自分のレベルに合わせて遊び始めるもんなんですね。親がちょうどいいかも?なんて思っているときよりも、だいぶあとぐらいからブームがくることもあるんだなぁと、ほとんどそんな感じなのかもしれないと思いました。

【2月20日】
今日は無事に登園しました。午後はかあちゃんのばーばが来たのですが、歯を見せるのは恥ずかしいけれどとても嬉しそうでしたよ。

娘は歯が抜けてから妖怪チャブチャブですし甘えモード全開なので、かあちゃんはとっても大変ですが頑張ります☆

テーマ : 女の子育児
ジャンル : 育児

4歳の女の子、来年度のPTA役員決め

今日の午前中は来年度のPTA役員決めがありました(๑´•.̫ • `๑)


所要時間は30分。

えーあっさりと決まりましたよ!役員をやらなくていい人の枠が1つあったのですが、お子さんが入院されている方がおられたので免除ということになりましたね。妥当な判断だと思うので、園が世知辛くなくて良かったなぁと思いました。全員がなんらかの役員をしなくてはならない状況なので楽でしたね。

いやーしかし、もうちょっと難航するかと思っていたのですが、みんなの情報収集力&根回し力が凄いというかなんとやら。。。私なんてそもそもママさんたちと関わるのが面倒くさいから、どんな仕事かなんて決まってから聞けばいいやって感じなのですが、同じ部になった2人のママさんはちゃんと情報収集を終えておられましたよ。

ほへー(✽ ゚д゚ ✽)

で、私は今年度と同じ部に所属するので、ひょっと部長を言われる可能性もあるのかなぁとビクビクしていたのですが、なんのことはなかったです。というか一番大変そうな部長を決める前に、「むしろPCをそのままやって欲しい」とお願いされてしまったので、完全なる拍子抜けでしたよ。

多くの人は文章書いたりPC触ったりするよりも、マイクを持ってしゃべる方が楽なのかなぁ(・・?と思いつつ、希望が叶ったので来年度をサクサクっと進めるだけです。あとマイクを持ってしゃべる機会がないことを祈るばかりですね☆彡


テーマ : 女の子育児
ジャンル : 育児

あたらしい
娘との自覚的な同一化は、子どもな私の育てなおしになる Feb 23, 2019
毒親関連の話をnoteに書き始めてみました Feb 22, 2019
娘の乳歯が抜けて思うこと&母のこと Feb 20, 2019
4歳の女の子、初めて歯が抜けました Feb 20, 2019
4歳の女の子、来年度のPTA役員決め Feb 15, 2019
4歳の女の子、2019バレンタイン Feb 14, 2019
4歳の女の子、参観日の愚痴 Feb 13, 2019
4歳の女の子、念願の初雪 Feb 11, 2019
4歳の女の子、おままごと用の新しいコップ Feb 10, 2019
4歳の女の子、大きくなることへの不安 歯の生え変わり Feb 09, 2019
こめんと
かてごり
ふるい
このみあれやこれやりんく
かうんたー