まるっとゆめ♪note
FC2ブログ



毒親育ち×HSPによる子育て備忘録。時々、解毒剤&中和剤制作中♪ リンクフリー(*˘︶˘*).。.:*♡

Prev  «  [ 2019/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
ぷろふぃーる
5歳の女の子のかあちゃん
  「ゆめ」です(*˘︶˘*).。.:*♡

このブログは育児のことをメインに、人生において「学ぶべきものはナニカ」について「誰かのナニカの足しになれば」と、自分の考えていることを発信中。

かあちゃんは「真面目でチャランポラン」になることを目指し、「まるっと」人を包むような優しさを持ち合わせていけたらなぁと思っています♪

「more ぷろふぃーる」
My Favorite Things.時々更新してます。

↓フォロー&「いいね」してね♪

「hino cafe ♪ telier 」
↑私のお店でお買い物してね♪

「note」
↑私のnoteに投げ銭してね♪

どうぞ宜しくお願いします_(._.)_

since 2017.1.26
さくひんしゅう
こそだてぎょうじとらのまき
我が家の行事日記をまとめてみました。多くのかあちゃんたちのナニカの足しになればと記事にしてみました。長文注意。
こそだてかんごとらのまき
悩みは尽きない子育て中に困ったカラダのこと。多くのかあちゃんたちのナニカの足しになればと記事にしてみました。長文注意。
ずぼらりょうりれしぴとらのまき
作り方は手抜きですが美味しいです。ズボラになりたい人のナニカの足しになれたらと記事にしました。長文注意。

5歳の女の子、初めての詩的なもの

娘が急に思いついたようで、「おうたのもんだよ」と書いた詩です。

わわわわさんたら わわわさん
わいわいさんたら わわわさん
いちいちいちばんだ!
にばんだにばんだ やったーやったーやったぁだ
さんばんださんばんだ ちょっとだけうれしくないけど
やったーやったーさんばんだ

昨日は運動会のリレーの練習があって「負けたら悔しいよね」とか、それに対して「惜しかったよね」とか帰りの会で話したエピソードを元に思いついた詩みたいです♪なんだかほっこりかあちゃん。今しか書けない詩かもしれませんね(*˘︶˘*).。.:*♡

スポンサーサイト



遂にデビュー

お久しぶりです。
スマホから初投稿です(*˘︶˘*).。.:*♡
畳に寝っ転がってできるだなんて嬉しすぎ♪
Bluetoothキーボードが欲しいかもしれないけれど、うん、とりあえず満足です。
LINE始めてみたし、虹色牧場漬けになってみたりしております。
じゃあまたお会いしましょう☆

かあちゃん、11~14回目の出勤を終えて思うこと

職場の「和」を乱したくない。


理想と現実のギャップを埋めてくれるであろう「プロ意識&人としての温かみ」は、どうもどちらも「☆☆★」くらいしか持ち合わせていないのかな?という厳しい印象を得ました。私の理想の高さまで求めてはいないし求めることも諦めてはいるけれど、目の前で展開されている利用者さんへの対応や職員同士のやり取りを耳にするのはもどかしいし、特に怒られている光景を見るのは辛いです。

昨日もある件で、施設長が何度も「職員を信用できない」と、その理由も教えてくれたのですが、正直、その職員たちをなんとかバランスをとりながら舵を切らざるを得ない施設長は、やはり凄いなぁと思ったのです。でも同時に、それで良いの?このままで良いの?施設長?という気持ちがいっぱいになったのを感じました。

まぁ施設長が連絡ノートで怒っていることがあるので、どうにかしたい気持ちはあってんだろうなぁとは思うけれど、慢性的な人手不足からの悪循環は、この職場では職員が介護のプロとして育たないんだろうなぁと感じるのです。そして当然、介護のプロは医療のプロではないのだから、もうちょっと医療側に知恵を頼れば良いのにとも思うのだけれど、でもそうできない状況が続いてきたのが今の職場なんだから、当然すぐには解決できないことばかりなんだろうなぁと。

だから自分の利用者さんへの対応や仕事への姿勢を見せて、ちょっとずつ染み込ませていく。知識をひけらかすとかではなく、できる限り低姿勢で気付かれないように、嫌味がないように、言葉を選んで慎重に。もちろん、私は聞かれたら知っていることは惜しみなく教えるタイプなので、そういう空気づくりもしつつ。でも週2のパートの立場で口出しって、本当に本当に微妙なんですよね。正職員さんの気分を害しかねない。。。

こんなことを考えながら仕事をしているからココロが疲弊しちゃうんだよと、日常生活に支障がでちゃってるから、早くある程度のお金を貯めて退職したいところですね。そして退職した暁には、現在全くできていない創作活動に力を入れたい。今日は「君の名は。」を観て、やっぱり自分の手でナニカを生み出したいなぁと。この作品の印象は荒削りだけれど緻密で、自分のやりたいことを全部詰め込んだような、確かなナニカがある。その確かなナニカを、私にもどうにかこうにか紡ぎ出せないだろうかなんて。。。

どうかココロ穏やかに過ごせますように☆彡

合唱。あとは前日&本番を迎えるのみ

今年、先生の指導は1回目の練習のみです。そして春、核になるアルトが不在という状況になり、当初予定したプログラムを変更し、今日は足守公民館で3回目の練習を終えました。

目の前で子どもがキャッキャと電車ごっこをしている中、大人はやや真剣に楽譜の記号と向き合いましたよ。少しは自分たちで音楽作りができたのかなぁ?と完全に不安が残っていますが、限られた時間で自分たちでするにはコレが限界なんだろうなぁと思います。とにかく大きな声で歌えて気持ちが良かった(*^^*)

本当に最初はどうなるかと思ったけれど、去年と同じ11人の参加が確定しています。合唱というか、アンサンブルって感じですが、この日の練習で曲がなんとかまとまりのある形になっているので、あとは前日練習&直前練習で先生の指導を経て、本番を迎えるだけです。

さてと、今年は私がパンフを作ったので、一部団体名を消してのお披露目♪
minne-パンフ
だって、作ったものは見てもらいたいのが「ハンドメドかあちゃん」なのですから。去年作ったマルミちゃんの写真を油絵風に加工して文字を入れました。こういうのを作るプロからしたら下手くそなんでしょうが、私にしてみたら上出来です(*˘︶˘*).。.:*♡

【2019年のプログラム】

新 混3 アイデア
新 混3 100%勇気
新 混4 残酷な天使のテーゼ
既 混4 夢みたものは
既 混4 かもめ
既 混4 ○と△の歌
既 混3 大きな古時計
新 男2 心から心へ
新 女2 いのちの記憶
既 混3 RAIN

いやはや。

今年はRAINをアルトで歌う予定だったのですが、「超頑張ってアルトRAINができるようになってきた~何よりアルト声の出し方が分かったぞ~そしたら何故かソプラノ音域&声質もレベルUP~もしかしたら「夜の女王のアリア」の音域を操れる日がくるかもしれない~私って凄すぎる~♪ってなってしまうので、アルト苦難クエストをがんばるんばー☆」って、頑張っていたのですが、私にはアルトが無理でした。゚(゚´Д`゚)゚。

もれなく仲間が代わってくれたけれど、私って聴覚情報処理障害?という言葉に辿り着いたけれど、とにかく不甲斐ない私にガッカリです。でもキレイな声にはなったので、それを操れるように練習を頑張るしかないですね!

本番まで1ヶ月を切りました!
あとはナレーション・パネル・プログラム・懇親会の手配・会計の締めなどをするべし!です☆

5歳の女の子、夏休みに初の市民プール

山南拠点プールへ行ってきました(*˘︶˘*).。.:*♡

利用に当たって気づいた点は、

・公民館で支払い後、プール受付へ領収書を提示
・保護者同伴4歳以上の利用可
・浅いプールの方が90cm以下の浮き輪OK
・メガネ禁止
・水泳帽着用
・監視員は2人
・1時間毎に鐘を鳴らしてくれるので休憩
・中には100円のロッカーがあるので貴重品入れれる

ぐらいですかね。

以前使っていた45cmの浮き輪が小さくなったので、70cmの物に新調したんですよ。で、娘は張り切ってプールの中に入れませんでした(;´∀`)

何故か、プールの床の塗装が剥げていることが気になって、それが怖かったようです。さすがHSC。傷ができているだけと説明したんだけど、そこが壊れるんじゃないかと心配したらしく、それも説明をしてから恐る恐る抱っこで入りましたよ。幼稚園では小学校のプールを借りてますが、ここのココの水深は70cmと、いつもの倍くらいはありましたね。それでもなんとか新しい浮き輪に浮かれてくれて、浮き輪を装着してならチャプチャプと楽しむことができるようになりました。

1時間半。プールに慣れることを目標に、あまり無理はさせませんでしたが、今日の目的は「プールに潜って目を開けられるようになる」だったので、残りの1時間は親子で格闘しましたよ。

怖いかあちゃん、優しいとうちゃん。

残り30分になっても無理なので、浅いプールから深いプールへ移動して、一緒に潜ることにしました。ひとり泣きじゃくる娘。それを宥めながら客観的な情報を与えつつ、最後には「みんなプールは楽しいところで、誰もないていないよ。あんたが一人泣いとったら、みんな言わないけど、ちょっと楽しくなくなるんじゃない?」と言いました。残り10分のところで、かあちゃんが覚悟を決めたのが分かったのか、娘も覚悟を決めました。

で、抱っこで一緒に潜って目を開けました。細い目立ったけれど、確かに目が開いていたので、とうちゃんもかあちゃんも苦労が報われた気がしましたね。やるときゃやる娘に感動です。

帰り道。

娘曰く「かあちゃんは怖かったけど、楽しかった(*^^*)」だそうです。いや、娘よ。怖かったのはかあちゃんではなくプールではなかろうかと思うのですが。。。

娘はすぐに爆睡しましたよ。
minne-IMG_1771.jpg
途中、買い物にも寄ったのですが全く気が付かずでした。

大変よく頑張りました!ですね(*˘︶˘*).。.:*♡

この夏休み、あと2回くらいはプールへ連れていけると良いなぁと思っています。どうにか小学校で困らない程度には仕上げたいところですね。かあちゃん、ココロ持ち的にかなりのハードスケジュールだけどがんばるんばー☆

かあちゃん、9回目、10回目の出勤を終えて思うこと

そうか。


ここは認知症のグループホームじゃなくて小さい「特養or病棟」なのかもしれない。

仕事のできない2年目の正社員さん。やっぱり仕事ができないんだよなぁ。だから出勤9回目の新人にとってかなりハードな日でしたね。入院のための荷造りを終えていない、申し送りの締めができてないので申し送りができない、朝薬をきちんと利用者さんへ与薬できていない。これだと私の業務に差し支えるんですよね。もちろん新人なりにフォローをたくさんしましたし、業務は時間が押したけれど滞ったということはなかったのですが、完全にこの日はキャパオーバーでしたね。それでもそれなりに申し送りをしたんですけどね。ただ浮腫の人の根拠を示せず、先生に見てもらったほうが良いと送ってしまったことと、申し送り後に同じパートの人へ愚痴を残して帰ってしまう始末になったことは、帰ってから完全に反省しました。

ぐーるぐる、ぐーるぐる。

10回目の出勤。朝一番に、前回の私の愚痴が既に施設長へ伝わっていることを知りました。いや、ま、良いんですけどね。最初に言った人と既に伝わっていることを教えてくれた人が、声を揃えて助言をくださったのは、「施設長さんに直接言ったほうが良いよ」でした。いや、ま、そうなんだけど、でも、皆さん言い過ぎなぐらいそのできない正社員のこと悪く言ってますが、最初に言った人が言わなければ済むことですが。いや、ま、私、ちゃんと言葉は選んで愚痴りましたが。という感じで、次からは気をつけていこうと思います。

壁に耳あり障子に目あり。

で、浮腫の件、3週間前に私が正職員さんに言って先生へ見てもらっているので、あんまり先生に言えないらしい。。。何でも先生が拗ねて来てくれなくなると困るから。本当はこっちが受診させなきゃいけないのを来てもらってるらしいんだけど、でもそもそも職員の確保ができてないから受診できないんだから、経営者側の責任だよね。つまり先生側の。。。でもね、というか、君たち、これは「仕事」なんですけど。という感じで、なんじゃらほいでした。ええ、完全に先生に診てもらったときよりも浮腫が増強してます。家族見たらびっくりするだろうけれど、新人でパートの私にできることは何もないのです。せいぜい足を上げる環境を整えてやるのが精一杯なのです。正社員さんの計らいで椅子を使えるようになったから、自分で足を下ろすことがなくなったんですよね。

いやーとにかくここでは詳しくは書けないので不完全燃焼ですが、目の前に困っている人がいるのに、大して何もできないのが辛いんですよ。仕事だから割り切っている大人な自分はいますが、子どもな自分が泣いちゃうんですね。この日の業務、仕事のできない正社員さんとのペアだったので、完全に気を張りました。そして家に帰ってお風呂のをしたあとは、のた打ち回って動けなくなるという。。。この日、旦那さまのお仕事がなかったので助かりましたが、日常生活に支障をきたしてしまう働き方というのは完全にマズイですね。次の火曜日、旦那さまは夜仕事があるし。

自分のこと「だけ」を考えて生きていた頃が懐かしい。

私は本当に生きることが「楽」になったのだろうか。再就職してから希死念慮について考えさせられる日々が続いていますが、ま、結局のところ、きっといつもの如くなんとかなるのでしょう。

さてと、

仕事の疲れを癒やす必須アイテムは、旦那さまお手製のプリンです(*˘︶˘*).。.:*♡
minne-IMG_1755.jpg
このプリンは、私がプリンを食す度に材料の配合を微調整した「究極のプリン」になりますね。もうね、これがないと仕事の疲れが取れないんですよ。このプリンが私の帰りを待っていると思うと仕事に行けるといいますか、とにかく毎週のように作ってくれる旦那さまに感謝です。


5歳の女の子、コマなし自転車に乗れました!

自転車の練習を初めて2週間が立ちました。もちろん毎日の練習はできていませんが、自分のキックでバランス良く乗りこなせるようになったので、この日の午前中は、かあちゃんによる自転車のちょいスパ特訓をしました。

今までの練習は、かあちゃんがサドルの後ろを持って、娘が自転車を漕ぐのに付いて行っていましたが、今日は自走の練習です。まずは自力でペダルに足をかけれないといけないので、ハンドルのところをかあちゃんが手で持つか持たないかのところで、最初の漕ぎ始めの練習をしました。もちろんバランスをすぐに崩すので、一瞬で支えるというのを繰り返しました。この練習を繰り返すと、バランスを崩したら反射的に足を出して支えるというのを覚えましたよ。

自力でペダルへ足をかけれるようになったら、まっすぐ前を見て漕ぐというのを練習しました。やっぱり怖いと足元ばかり見るのでバランスが取れないんですよね。バランスを崩したら、かあちゃんがすぐにハンドルを持って支えるという安心感を与えつつ、ある程度前を見て漕げるようになるまで練習しました。

次はハンドルから30cmくらい手を話したところで待機し、バランスが崩れそうになったら支えるというのを繰り返しました。なんかあっという間にそれもできるようになったので、娘が漕ぐのに並走してバランスを崩したら支えるという練習をしました。

いやしかし、振り返るとあっという間なのですが、暑い中1時間半はキツかったですよ。娘がグズグズ泣いて先延ばしにしようとするのを、なだめて叱ってを繰り返しましたよ。後半はグズグズばかりで、かあちゃんも娘も暑すぎるのでアイスを食べました。このひと休憩が功を奏したのかアイスが清涼剤となり、そして遂に一人で自転車を漕ぐことができたのです。もちろん連続で成功なんてしないので、3回できたら終了ということで、30分ほど頑張って練習を終えました。

夕方。

とうちゃんがお仕事から帰ってきました。もちろん、今日やった練習を見せます。とうちゃんは「こんなに早く乗れるようになるとは。。。せっかくコマつきの自転車を買ったのに」という感じで驚きました。いやいや、コマ付きだからビビリの娘は自転車に乗ってみようという気持ちになれたので、たった2回しか使ってないコマにも意味があったのです。

かあちゃんが先に帰った後。

とうちゃんが離れて見ているところで自走!!!
minne-IMG_20190801_181600_47.jpg
じーじにもSkypeで見せたらしいです(・∀・)

今日の午前中のちょいスパ特訓が報われました(*˘︶˘*).。.:*♡

娘が頑張った証拠写真。
minne-IMG_1765_20190805125119975.jpg
ビビリだから痛いの嫌だと泣いていたのに、遊具とかも怖がって遊びたがらなかったのに、自転車にまたがるだなんて1年前は想像できませんでしたが、やっと動きが子どもらしくなってきました。少し前に100cmを超えたことは娘にとって大きくなったという自負になり(地面からの距離も関係あるんだろうなぁと思いますが)、そして娘が楽しいと思うバランスボール&キックボード兼三輪車がカラダの使い方を教えてくれた。子どもの成長ってあっという間だし、いやー本当に嬉しいですね(*˘︶˘*).。.:*♡

5歳の女の子、今年も雨で中止に。

7月26日(金)の仕事を終えたあと、急ピッチで荷造りをし、実家へ帰省しました~。

かあちゃんは完全にヘトヘトでしたが、両親に再就職をしたことは伏せているので、いつもと変わらない立ち振舞をしましたよ。もうね、かあちゃんは必要最低限の情報しか与えたくないんですよ。これ以上の毒はいらんのです(;´∀`)

娘は実家の犬にメロメロ。じーじからすぐにお小遣いをもらい、ばーばとは寝る前にあやとりをしました。術後のばーば、仕事復帰も果たし久々に孫が来て嬉しいようでした。

で、花火大会当日は晴れてたんですよ!

でも15時くらいから3時間くらいゲリラ豪雨。大雨&洪水&雷警報も発令。このゲリラ豪雨のせいで花火の仕掛けが水没したらしく、雨天決行だった花火大会が中止になり、順延もなしとのこと。だから完全に水没したんでしょうね。昨年は豪雨被害で花火中止だったので、「がんばろう高梁」って感じで、花火大会開催決定したときには嬉しかったので、準備に関わった人たちの無念さを想像すると辛いものを感じました。

夜、花火大会は中止だけど奉納神楽はあるとのことで、文化センターへ歩いていきました。ガックシと肩を落とした娘は空咳をしてしまうくらいにストレスを感じたようですが、面倒くさがった夜のお出かけ、提灯が一箇所だけ灯りがついていたので浮かれてくれました。
minne-IMG_1730.jpg
なんだか娘を、私を慰めてくれたような気がしました。

娘は「花火ないけどお店はあるかなぁ?」と浮き足立ち、文化センター周辺に数件の出店がありました。じーじにもらったお小遣いでおもちゃのくじ引きを引きました。400円のくじはハズレだったけれど、5等の光るおもちゃをもらいました。おじさん、付属品が外れかけているのを知っていて、でもそんな説明を私達にはせず、「本当なら5等のおもちゃだけど、これをあげる」と渡して来ました。しかしかあちゃんは前のお客さんとのやりとりで壊れているのを知っていたので、「おいおい」と思いつつ、でも「ラッキー」という感じで、何も文句を言わずに受け取りましたよwそしてお店を離れてから娘に説明して、接着剤で綺麗に直すことを伝えると大喜び!もちろん夜道をキラキラ光らせていましたよ(*^^*)

で、旦那さま&娘は初神楽でした。
minne-IMG_1748.jpg
最初の方とかつまらないので、娘がすぐに帰りたがりましたが、天狗さんの面をかぶった4人が出てきてからは、ちょっとヤル気になりました。剣を振っているのがかっこよかったようですよ。かあちゃん、おろち退治まで見たかったですが、娘が眠たいと目をこするので、40分程で帰ることにしました。

いやーしかし、神楽も高齢化してるのかな?という感じで、ちょっとグダグダ感がありましたね。小学校のとき、神楽を練習している先輩後輩をバックに部活動をしながらカッコいいなぁと思った者として、かなり、かなり残念でした。子どもたちのほうが迫力あるじゃん。動きが揃ってて綺麗じゃんって。まぁ記憶って美化されちゃうっていうのもあるんだけれど、キレキレな太鼓がなってってキレキレな動きで舞っている、アレを見せたかったなぁと感じました。

帰り道。提灯の灯りはなかったです。出店で買い物をしなかったので、コンビニでアイスを買って帰りました。お店の陳列棚、花火大会が中止になったせいで可哀想なくらいたくさんの商品が並んでいました。スタッフも増員されていたしね。うん、やはり悲しい気持ちというか寂しい気持ちを味わう、かあちゃんもガックシな一日でした。

そうそう、娘の戦利品を直しましたよ!
minne-IMG_1750.jpg
直す前の写真も撮っておけば良かったですが、かなり可愛らしく直ったんですよ。もちろん娘好みにデコパーツも5個程足しました。キラキラと光らせて遊んでいます(*˘︶˘*).。.:*♡

あたらしい
5歳の女の子、初めての詩的なもの Sep 19, 2019
遂にデビュー Sep 14, 2019
かあちゃん、11~14回目の出勤を終えて思うこと Aug 14, 2019
合唱。あとは前日&本番を迎えるのみ Aug 04, 2019
5歳の女の子、夏休みに初の市民プール Aug 03, 2019
こめんと
かてごり
ふるい
このみあれやこれやりんく
かうんたー