FC2ブログ



ブログタイトルを「陽のカフェ♪トリエ」から変更しました♪ 主に子育て備忘録。 リンクフリー(*˘︶˘*).。.:*♡

Prev  «  [ 2018/12 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
ぷろふぃーる
4歳の女の子のハンドメイドかあちゃん
  「ゆめ」です(*˘︶˘*).。.:*♡

「ブログが新しく生まれ変わりました」

このブログでは育児のことをメインに、人生において「学ぶべきものはナニカ」について「誰かのナニカの足しになれば」と、自分の考えていることを発信中。
自身がもっと「楽」に生きていけれるように、また娘への負の世代連鎖を断ち切ることも目的とした備忘録になります。
かあちゃんは「真面目でチャランポラン」になることを目指し、「まるっと」人を包むような優しさを持ち合わせていけたらなぁと思っています♪

「more ぷろふぃーる」
My Favorite Things.時々更新してます。

私のやりたいことは「未来への種まき」♪
コメントを頂けるととっても喜びます!
リンクフリー。
皆さまのブログでも応援して下さい♪

↓お店のことをメインにつぶやき中(*^^*) ↑フォローしてください♡

育児に奮闘しながら、息抜きにチクチクしたりもしています。基本的に娘が喜んで遊んだものを、他の子どもちゃん達にもおすそ分けしたい気持ちから、フェルトのおもちゃを「hino cafe♪telier (minne)」 で販売中。
是非、遊びに来てくださいね♪

どうぞ宜しくお願い致します_(._.)_
since 2017.1.26
こそだてぎょうじとらのまき
我が家の行事日記をまとめてみました。多くのかあちゃんたちのナニカの足しになればと記事にしてみました。長文注意。
こそだてかんごとらのまき
悩みは尽きない子育て中に困ったカラダのこと。多くのかあちゃんたちのナニカの足しになればと記事にしてみました。長文注意。
ずぼらりょうりれしぴとらのまき
作り方は手抜きですが美味しいです。ズボラになりたい人のナニカの足しになれたらと記事にしました。長文注意。
ココロのかんごとらのまき
生きにくさを感じる人のナニカの足しになれたらと記事にしてみました。育児中の人にも読んで欲しいかもです。長文注意。
どくおやたいしょとらのまき
親を尊敬する必要はない。親が嫌い。でも見捨てはしません。毒親に育てられた私のココロの処世術を記事にしています。長文注意。

4歳の女の子、初めての生活発表会

張り切ってひとり予行演習もしていた娘。風邪疑惑を吹き飛ばし、今日は可愛らしい生活発表会を見ることができました(*˘︶˘*).。.:*♡

保育室にて開催
生活発表会1

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
♪はじめのことば
1歌
 「さんぽ」
2楽器遊び
 「山の音楽家」
 「おもちゃのチャチャチャ」
3劇遊び
 「おおかみと4匹のこやぎ」
4リズム遊び
 「アルプス一万尺」
 「かったつむり」
5歌
 「とけいのうた」
 「うさぎ野原のクリスマス」
♪おわりのことば 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

みんなで登場
生活発表会2 
みんなカチコチで照れてクネクネしてましたよw
手をつないで「さんぽ」を歌いました。

楽器遊び
生活発表会3
↑「山の音楽家」叩くフレーズを細かく分けていましたよ。

↓「おもちゃのチャチャチャ」立ち位置と楽器を変えてました。
生活発表会4
やはりリトミックと親の歌好き効果で、リズム感は一番ありましたね♪

「おおかみと4匹のこやぎ」
生活発表会5
お友達と2人で「おかあさんやぎ」をしました。最初に登場してお買い物に出かけたのですが、それ以降なかなか出番がなくてw、最後の方に再登場しておおかみのお腹を針で縫ったりしていましたよ。一緒にした男の子のお友達がとっても頼りになる感じで、娘が恥ずかしすぎてしっかりと言えないセリフを堂々と言っていてカッコよかったです♡娘がスキップする場面は可愛いと好評でした♪

娘が幼稚園で流行らせた「アルプス一万尺」は、簡単バージョンと難しいバージョンのどうちらとも披露。とっても得意気にやっていましたよ。一緒にやっていたお友達がちょっと間違えて、でもそれをフォローする声をかけてやっていました。

「かったつむり」は歌に合わせてダンスをしました。ずっとグーチョキパーでの手遊びで、グーとチョキで「かたつむり」を作れなかったのに、このダンスで覚えられたようです。きちん「かたつむり」を作って最後のポーズまで決めていましたよ。

「とけいのうた」は歌うだけですね。大きな口を開けて歌えていました。

「うさぎ野原のクリスマス」は娘が大好きなだけあって、むっちゃ良い笑顔で可愛らしく歌いながら踊っていました。というか、楽器とかのも含め全部を歌おうとしていたり、歌っていたのは娘だけですね。本当に、寝かしつけのときにもずーっと歌っていたし、親も歌っているから、みんなとナニカを作り上げたり歌ったりが得意なのかもしれません。

最後、気が抜けたみんなの図
生活発表会6
とっても可愛らしかったですね。運動会とはまた違った良さがありました。娘の気質を考えると、これだけ堂々と発表会に参戦できるのは、とても凄いことだと思います。確実に負の世代連鎖を断ち切れている感が半端ない!今の環境は先生にもお友達にも風土にも恵まれていることに感謝し、このままいい感じに幼稚園生活を送れると良いなぁと思っています。

あ、招待状
生活発表会7 
うっかり持っていくのを忘れました(^_^;)

さーて、明日のかあちゃんはー!

「かあちゃんは実家で毒されます」
「旦那さまはゴロゴロの日」
「娘は川で水切り体験をします」

の3本でお送りいたします。
それでは、じゃん・けん・ぽん!(パー)うふふふ(*˘︶˘*).。.:*♡

サザエさんってこんな感じだったかなぁ。。。
ということで、テンションを上げて実家へ帰省してきます!

スポンサーサイト

4歳の女の子、チャブチャブのあとの聡明さ

チャブチャブ期間が終わった娘っ子は聡明さを増しています。

娘「私は聡明じゃないんよ。可愛いんよ♪」

聡明の意味を知らないくせに可愛さアピールは忘れませんw

さて、自作の売り物でお店屋さんごっこ
充実1
この前、良い感じに売り物を配置できなくて遊べず、ここ数日は閉店したままなんですよw

一緒に読んでいる図鑑に「台風」のことを学ぶ実験みたいなのがありました。それはお風呂の中でするようになっていましたが、かあちゃんは面倒くさいので炊飯器の蒸気で実験しましたよ
充実2
もちろん!クルクル回りましたよ~娘も満足そうでした~。

折り紙の合間をぬってやっているのは字の練習
充実3
「やりなさい」なんて言わなくてもやっている娘に関心。いや、かあちゃんの育て方が良いんだ。きっと。だってパズルは何回も「やったら?」みたいなことを言い過ぎたせいか、今ではひとつもしないのでw

毎日がエブリデイのように遊んでいる折り紙工作
充実4
左:咲いていない向日葵 右:咲いている向日葵

昨日作りました。この向日葵のことを「ジュージューって焼くところでも良いなぁ」と娘は言っていましたが、「寒いから暑いイメージで暖を取る!?」なんてつもりで作ってはいないですよ。

そして我が家の壁は大変なことになってます
充実5
今日作ったライオン兼向日葵を追加。娘は作ったものを次から次へと飾って欲しいようです。もう貼るところがないので、次からは剥がして貼るという感じにしなくちゃですね。

そういえば、先週の金曜日は幼稚園のママさんたちとランチ忘年会
充実6
大人7人、子ども4人。こういうのは初めての経験でかなりドキドキしましたが、素敵なお家にお邪魔したり車を乗り合わせてランチを食べに行ったりと、遠足気分で楽しかったです♪最後に食べたデザートは可愛らしくて(´∀`*)ウフフとなりました♡

素敵なお家にお邪魔して感じたことは、専業主婦として温かい空間づくりって大事なのかなぁということと、そこからシンプルライフにちょっぴり憧れちゃったかなぁという再来でした。我が家、物は多めだけれどそこそこ片付いているとは思うんですよね。でもなんか違う。。。部屋が可愛らしくないのかなぁ?自分が思う可愛らしいものを作りたい割に、可愛らしいものを飾ってないというか、緑がいる?うーん。どうしたらいいなんだろう?という感じです。

で、部屋のことを思っていたら、今日は寒くて寒くて。゚(゚´Д`゚)゚。でもエアコンの設定温度を上げると光熱費が高くなるなぁと思って調べたら「カーテンリターン」というのを知って、早速導入しました
充実7
これを思いついた人は素敵な方ですね♪あとはエアコンの風向きは下に変更して、一番大きな窓には断熱ボード、寝室の小さい窓には吸着シートを設置しました。こたつ敷きは大きいのを2枚、こたつサイズのを2枚敷いています。節電のため加湿器もあまり使いたくないので、洗濯物も寝室側へ干せるようにして、とりあえず今できることはこんな感じかなぁと満足中(*^^*)冬は電気代が半端ないので少しでも抑えて行きたいところですね。

娘「毎日、幼稚園とリトミックがあったらいいのに~」

今日は娘っ子、鼻水が多めでお休みしました。コレ、娘が判断したんですよ。別に登園できなくもない感じだったのですが、今週の金曜日にある生活発表会に参加したいから念のために休みに。とにかく「みんなで一緒にナニカを作り上げる」という作業が好きみたいで、「今日は休んだけど明日は行けるかもしれん」と自分の状況とメンテナンスの仕方を知っているところが面白いです。まぁ、ずっと教えてきたというのもありますが、まだ4歳なのにと思いつつ、でも娘のメンタルは部分的に2倍速の8歳なのでまぁそりゃそうかと思っていますwでもここ数日はあまりにも聡明すぎて、また生活発表会が終わったあとぐらいにチャブチャブ期が来るんだろうなぁと思うと、かあちゃんはやはり冬休みが憂鬱ですな。。。

大人の難しい話をしていても、話の概要を捉えていることが多いんですよね。遊びに夢中に見えても聞き耳は立っていることも多いので、自分の話題になるとすかさず話に入ってきますね。下手に隠すつもりはないのですが、なんでちゃんになることが多いので大変です。

そういえば朝の着替え、いつの間にかひとりでするようになりました。まだちょっと固いボタンは難しいようですが、何も言わなくても1日の段取りがある程度把握できているというか、いつもと違う感じでも先に説明していたらすんなりと応じてくれるようになったり、少々違うことに大きな不安とか抱いている様子もなく、もう幼い頃の私とはかけ離れています。しっかりしている娘。とりあえずは「あまのじゃく&イヤイヤ期」が落ち着いたのかなぁ?

あ、ご飯も手伝うことがなくなったなぁ。苦手な野菜があって眠たいときには甘えてくるので、2口とか食べさせたりしてますが、日中の手洗いは自分で行けるようになったし、本当に手がかからなくなりました。気が向いたら甘えがてらお手伝いもしてくれるし。うーん、一体何を書きたいのか分からない感じの記事になりましたが、娘のチャブチャブのあとの聡明さをどう表現して備忘録に残したら良いのか困ってしまいましたが、今日はこれでおしまいです(^_^;)

4歳の女の子、お絵かきなら一緒にできるかあちゃん

遊ぼう攻撃の娘に付き合える遊びといえば「お絵かき」です。昨日の夜は一緒にしたのですが、最近は同じ紙に描きあったり、邪魔してきたりはしないんですよ。自分だけで表現したいナニカを持つようになり、とても大きくなったなぁと思います。

娘のお絵かき
落書き1
ケーキ屋さん。下の方に定員さんが「いらっしゃいませ」と書いてありました。ぶどうが「ぶろう」になっていたりと、今しかない可愛らしさですね(*^^*)

お店やさんごっこがブーム。お店の作品を作るのがブーム。これにはほとんど付き合えないかあちゃんですが、かあちゃんになりに頑張ってます。あ、何故か渋川海水浴場で拾ってきた貝殻で遊ぶのもブームのようですが、これはひとりで遊んでくれるので助かってますね。数を数えたりするのには付き合っています。

小さい貝殻
貝殻 
何が楽しいのかは分かりませんが、楽しいと思うことに熱中するのは良いことでしょう。きっと本人にとってはいつも違う遊びをしているのだと思います。見守り大切!

さて話をお絵かきに戻します。

かあちゃんのお絵かき
落書き2
いつものようにゆるい感じで描いていましたw

でも今日は初めて娘の前で違う感じの絵を描いてみましたよ
落書き3
鉛筆の落書きですが、なんか魔法を使ってる感じに描けた気がします♪

娘「え?かあちゃん・・・こんな感じの・・・かけるんじゃ・・・」

なんか深妙な顔で、かあちゃんにちょっと感心してくれたようですよ(*^^*)

たまには真面目に描いてみるのもいいなぁと思いましたが、首から下の描き方って練習したことないのでむちゃくちゃだから、ちょっと恥ずかしいですね。。。中学生の頃は風景画を描くのが好きだったのですが、今は昔という感じ。。。やはり私に付きまとうのは「そんなことをして何になるんでぇ」という毒母ボイスですが、娘のためにもかあちゃんは「そんなことして何になるんでぇ」ということを積極的にやっていきたいと思います!

ということで、恥ずかしいとか、情けない部分をたくさん隠すから生きにくいのかなぁとも思うので、謙虚さを忘れずに開き直ること”も”大事ですね(*˘︶˘*).。.:*♡


やはり偉業を成し遂げるしかない。。。(ヾノ・∀・`)ムリムリ

学ぶべきものはナニカについて、誰かのナニカの足しになればと記事にしていますが、多くの方にはスルー推奨ですよ~_(._.)_



ずーっとしゃべり続ける娘。
ずーっと遊ぼう攻撃をする娘。

最近、幼稚園のお迎えに行きたくない自分がいます。あの園庭でのママさんたちとの無駄なやり取りが面倒くさいし、帰宅してから娘と過ごす時間がかなり苦痛。とにかく今は、娘に多大なストレスを溜めているようなのです。゚(゚´Д`゚)゚。

幼稚園から帰った娘は疲れているようで、泣きの沸点が低いんですよね。かといって、娘はお昼寝をしてくれないし、体力がついてきたのは良いことだけれど21時くらいにならないと寝なくなりました。寝かしつけに1時間。早いときで40分。ずーっとベッタリは辛いですが、もうちょっと、もうちょっとと思いながら、できるだけにこやかに寝かしつけています。

遊ぼう攻撃については、遊ぶのが無理なときは無理なことを伝えるのも大事だと思っているので、できる限り頑張って冷静に伝えてますが、娘は泣くし、やはり私はイライラは隠せず(隠さないので)、夜に娘が眠ったあとはひどく落ち込むのです。娘はこんなにもおりこうさんで可愛いのに、と。もちろん1日を終える前に私ができるフォローはしているつもりですし、旦那さまにも報告しているのでフォローしてくれているので、娘は大丈夫だと思っています。そしてきっと、こういうやりとりから、娘は他人との距離感を学んだりしていくのでしょうが、負の世代連鎖が気になって私に自信がない分、私はストレスを消化しきれないでいるんだろうなぁ。もともと寝るのが上手ではなないけれど、未だに夜中のオムツ替えを含めて3回目は目が覚めるし、昼寝は娘がうるさすぎてぐっすり眠れないし、ストレスで背中はバキバキになっていて寝苦しいし、頭痛もするし、踏んだり蹴ったりな気分を抱えていますね。

あー今の私は嫌だ。゚(゚´Д`゚)゚。

とにかく私の人生、何をやっても中途半端な感じがしていて、あまり達成感を味わえていないのが辛い。そしてこの辛さを抱えたまま人生を終わるのではなかろうかという情けなさが、これまた辛い。自覚化作業をして自己承認を進めていっても、結局、私を満たしてくれるのは私ではなく、他者承認が大半を占めるのではなかろうか。。。

できない、できないと思って悩み続けていると、できないことを開き直れる日がいずれやって来て、それが自己承認への取っ掛かりになるんじゃないかなぁと思った今日この頃。できないと思って悩み続け、できない理由を常に言語化していって、理想へ近づくよう自分に働きかけつつ、その期間で理想と現実とのギャップをココロが味わい尽くすことが重要で、それにより自分の理想へ近づいたり諦めがついたりするみたいです。

自己承認という壁。

何かしらの行動を起こすとき、どうしても相手に見返りを求めてしまいます。いつも出発点は優しさや思いやりだけれど、いつの間にか相手に期待し、その期待に応えてもらえないと苛立ちや不安を覚えていきます。いえ、事態はもっと深刻で、今までの経験上「どうせ今回も期待に応えてもらえないのだろう」という予期不安さえ抱くのです。それを払い除けながら行動するのはたくさんのエネルギーを必要とし、行動を起こしたあとはずんずんと予期不安が増幅されてしまうという性質があるので、「予想通り期待に応えてもらえないとき」には大きな痛みを伴うんですよね。

この性質の根本的な原因は、幼少期の生育環境において毒親を含めてちゃんとした大人に出逢えなかったことにあると思います。ココロを自己愛で満たすことができないから、他人からの共感や承認がないと安定できない、それが「私」。そうした自覚化が進むに連れて「幼少期に出逢った大人たちが悪い」という開き直りが板についてきました。「他人のせいにしていいんだ」という開き直りは良い子にとって自己承認の取っ掛かりのひとつになります。開き直るまでは「大人は正しいことを言う」「親は絶対的な存在」として良い子に育ってしまっていたわけですから、HSPにとって親の教育や道徳の時間による「刷り込み」は恐ろしいものだということですね。

そこでふと思う。

今までは「相手に期待しすぎて見返りを求めてしまうから私はダメなんだ」という思考をしていました。でも、相手に見返りを求めても見返りを求めなくても、どちらにしても私は辛くて苦しむのだから、いっそのこと「他人にしっかりと見返りを求めても良いんじゃない?」という疑問。

私はいろんなことに良く気がつくけれど、他人は私ほど気が付けない。そしてそれにイライラしてしまう。たとえスーパーのレジの店員に対してさえ気になることはたくさんあるし、加えて言えば恥ずかしいことにこの歳になってもレジに並んで「現金以外の支払い方法は選べるのかなぁ?」とかでドキドキしたりもするので、他人と関わるとエネルギーをかなり消耗します。あ、もちろん表面的には普通に買い物はできますよ。気分の良いときで隣に旦那さまがいた日とかは、レジの人に良いところがあったら褒めたりするおばちゃんになってしまいます。

とりあえず全てのココロの反応を表出すると「おかしい人」になってしまい日常をこなせなくなるので、相手に気づかれないように受け流したりしています。相手と良い関係でいたいし、恥ずかしい大人でいたくないので、日常が全て円滑にいくように頑張っています。多かれ少なかれみんなそうしているのかなとは思いますが、私は「自己犠牲ばっかり。見返りが無くて損な役回りばっかり」と感じてしまうことが多いので、過剰に苦しむんですよね。他人を傷つけるのも傷つけられるのも恐すぎるのでココロに蓋をしますが、蓋をしたココロはかなりやっかいです。その蓋を開けても良い相手は基本的に旦那さまだけですが、気心の知れた相手ならほんのちょっぴり開けたりはします。以前は蓋をつけっぱなしでストレスフルになってココロが定期的に爆発していたのですが、最近はなんとなく上手くこなせるようになってきました。これは旦那さまが私を理解してくれているからでしょう。万が一、旦那さまがいなくなったら、依存度が高い分、私は大変でしょうね。想像すると恐すぎます。依存というと悪い言葉にも聞こえますが、最近は信頼できる相手への依存なら良いことだと思うようになりました。自分が「凄い」と認めている人からの私への承認は、私が気持ち良く生きるためのエネルギーとなるのは言うまでもありません。

と、話が逸れちゃいましたね。見返りの話に戻します。

例えば生まれつき障害のある他人に対してなら、そのせいでできないことがあったとしても、それがその人にとって当たり前のことだと受け止められて、手伝うことを躊躇ったり嫌に思ったりはしにくい。そこに「感謝される」とかの見返りがあれば良いのです。

同じ様に、他人に私ほど気づく能力がなくても、それが当たり前のことだと受け止められるなら、手伝うことを躊躇ったり嫌に思ったりはしにくいはず。そこに「私がやりたいことをできている」とかの見返りがあれば良いのです。

で、見返りが期待薄の場合に、それに合わせて自分の割く労力を少なくなるように行動できたら、私の辛さや苦しみは半減するのではないだろうか。

見返りが労力に見合う。それが対等な関係。

現在気がかりなことで言えば、PTAの場合、文章を書くことをあまり苦としない私が労力を割いて文章を書くことで集会の回数を減らすことができるなら、「時間」が見返りとなります。幼稚園のママさんとのランチ会に参加するのは正直面倒くさいけど、「今後の娘や私の幼稚園での居心地を良くする」という見返りのためなら頑張って参加しても良いかなぁと思っています。

合唱の場合、労力の大きさに対して「私のやりたいこと」の見返りと見合っていないから、歌うこと自体は好きだけど、苦しい。歌レベルが上がったことにより歌唱そのものへの自己承認が既に叶ったため、合唱を続けるためにやる気のないメンバーの元締めをやることの意味を見出せず、見返りが労力に見合わない状態になってしまったということに気がつきました。「言い出しっぺの責任」に負けてとりあえず来年度は動くけれど、この状況に無駄に不安を抱くのは勿体ない気がしてきた。今後、開催できないことになれば、それは私のせいではなく、やる気の無いみんなのせい。先生が私達に付き合ってくれると言っていても、凄い先生をやる気の無いみんなに付き合わせるのは勿体ないと、私が先生の意思に関係なく考えるのも自由なわけで、責任に負けて動けるのは、せいぜいあと2回くらいかなというストレス具合。正直いますぐ辞めても良いくらいのココロ持ちです。

娘の場合、娘と自分の幼い頃を比較してしまって、情けなくなったり羨ましくなってりしてしまうからイライラしているんでしょう。あとたぶん、親に大して遊んでもらえなかった幼い私がいるので、キーキーと対応されたように対応しちゃおうとする体の反応をコントロールするのが大変です。「折り紙の折り方教えて」とか、意味がわからないくらいに体の奥からイライラが湧き上がってくるんですよ。抑えようと思っても抑えきれない。作るお菓子にしてもそう。「教える」が、学校の授業で習うような勉強のことや生活に役立つことなら根気強くなれるけど、私が寝不足じゃないとか体調が万全で無い限り対応できません。私がイライラして語気が強くなってきたら「かあちゃんは教えるのが下手くそですぐに怒っちゃうから、今度とうちゃんに教えてもらおう」と切り上げ、旦那さま任せにすることにしています。大人にもできないことがあるのを教えるのは大事なことだと思うので、かあちゃんはひとりで無理をしません。あと娘からの見返りと労力と見合っているかなんて、短期間で分かることもあるけれど、結局は育ってみないと分からないという不安な感じが辛いのと、娘への期待や見返りで測ってしまう自分が情けないですね。生きていてくれたらそれでいい。

まとめ

・自己愛は自分で満たすものと考えるから苦しむので、自己愛を他人からの承認を通して間接的に満たすのは悪いことではないと開き直るの”も”大事。
・労力と見返りのバランスが崩れると苛立つとしても、見返りを求めないなんて無理なので、見返りを求めても良いという開き直り”も”大事。
・娘のことは、とにかく負の世代連鎖を断てるようにベストを尽くすのみ。旦那さまを頼りにする。

さて、これ以上自己承認が進まない自分に諦めをつけて、「自己承認できない自分」に対して開き直る、という自己承認をしてやることこそが、毒親に育てられた私に到達できる最強の状態なのだろう。

んー・・・。

でも見返りと労力が見合う状況ってどうやって作り出すんだろう。元職場では仕事量を80%に抑える試みをしたことはあるけれど、結局、気になって焦燥感を抑えれなくて全部やってしまったりしたんだよね。看護業務の段取りをいい感じに組んで体力的なセーブはできたけれど、なんか違う。自分は完璧主義なつもりはないけれど、人より気がついて行動しちゃうから他人からみたら完璧主義と見られるわけで、何故か心配されたり疎まれたりしちゃうんだよなぁ。私、褒められたり感謝されたいだけなのにね。どうしたらいんだろう。気づけちゃう自分に、HSPの特性に誇りを持てたらいいのかなぁ。いやーしかし、どう頑張っても見返りと労力が見合うことはなさそうな気がしてきた。今回の自覚化作業が無駄になりつつありますが、遠い未来で無駄ではなかったと思う日がやってくるかもしれないと言い聞かせます。

もしアインシュタインくらい凄い人になれたら、私の人生は満たせれていたのだろうかという、考えるだけ不毛なヤサグレ具合。娘の話から大きな話になった気もしますが、結局のところ私が甘えん坊で大人になりきれていないだけの話なのです。ないものねだりをして何になる。。。私は私で良いんだという強さが欲しい。。。娘の幼稚園が始まって外界との関わりが増えた分、不安定になりやすいのでしょう。最近は毎日「辛い、しんどい」と言っているので、旦那さまは聞き飽きたようです。それでも私は毎日、「辛い、しんどい」と感じてしまうので、このマイナス感情をどうにかして爆発させたいくて、没頭できるチクチクに没頭したいのに、幼稚園のお迎えの時間が来てしまう。やっぱり食べることでしか発散できないんだよ。と、手詰まり感があって、でも食べれない私がいて、もう今の状態はぐちゃぐちゃですな。。。

只今、「全ては時が解決するといいなぁ」という希望的観測な願い、天気が悪いから天気のせいということにしておきます。ぐっすり眠れたら治ると思うんだけどなぁ。。。とりあえず「真面目でチャランポラン」を目指すのみ!これだけたくさん書くとちょこっとスッキリしますねw長文にお付き合いくださりありがとうございましたm(_ _)m

4歳の女の子、久しぶりの大冒険

大量の画像と共にお送りします_(._.)_

幼稚園の「生活発表会」に向けて頑張っている娘。なんでも張り切り過ぎちゃうみたいなので、「今日はゆっくりしよう!」ということで、ドライブがてら海へ行くことにしました。で、のんびり貝殻でも拾って帰ろうかなぁと思って出かけたのですが、何故か娘の大冒険の日になりました(゚∀゚)

「渋川海水浴場」へ到着し、枯れ葉ロードを満喫
大冒険1
ひとりでトコトコと行っちゃいますが、必ず後ろを振り返りますw

砂浜ではバドミントンみたいな競技とサッカーみたいな競技をしていました。それを見た娘は「凄すぎる」という感じで体がカチコチに固まってしまいましたよ。

そして空からパラグライダーを楽しむ人も
大冒険2
これも初めて見た光景に一瞬だけ固まっていましたが、私はそれどころじゃないんよ!と言わんばかりに、貝殻収集に夢中になる娘でした。

でも一応、気になるらしく
大冒険3
要所要所の観察は怠りません。

海を眺めて「この世の行く末を案じている」の写真
大冒険4
足跡が可愛くて♪

かあちゃんが拾ったつるつるの石
大冒険5
うーん。次に来たときかあちゃんは、キラキラ光ってる感じの石を集めたいなぁ(´∀`*)ウフフ

お昼ごはん
大冒険6
さすがに風が冷たかったので、かあちゃんは萎えてきました。自販機で温かいロイヤルミルクティをゲットしてなんとか復活。

ちょっとブランコ
大冒険7
押して~♪と。

ちょっとチャレンジ
大冒険8
娘は「画像の黄緑の○」のところまで登れました。とうちゃんはとうちゃんの威厳を見せつけたかったらしいw

もう一つの枯れ葉ロードをひとりで探索
大冒険9
テッテッテと走って、転けて、クルリと回って、歩いて帰ってきましたよw

何故か、旦那さまの希望で「王子が岳」へ。ここは野良猫さんが多いですが、野良犬さんが2匹増えていました。何かしら食べ物をゲットできるようなので今は飢え死にはなさそうですが、これからの寒い冬を思うと辛いので考えません。

さて気持ちの良い景色
大冒険10
渋川海水浴場で見たパラグライダーの出発点です。

鳥も人も気持ちよさそうに風に乗って飛んでいました
大冒険11
なんかお顔さんが撮れましたよw

今いる場所から「にこにこ岩」が見えました
大冒険12
娘の目が輝きます。

娘「行きたい!」

かあちゃんは嫌だい(~O~;)

にこにこ岩を目指してテクテク
大冒険13
娘は抱っこなんて言いません。

猫さんに遭遇
大冒険14
しばらくお見合いをして、猫さんが茂みに隠れました。

にこにこ岩へ到着
大冒険15
嬉しそう。岩場を登って近くまで移動します。

見晴らしの良い大きな岩の上へ
大冒険16
偶然撮れた写真でした。大きなカマキリを発見し、捕まえます。

が、カマキリを安全に持つところを知らなくて、手を鎌で攻撃されてしまいました。ちょっぴり痛かったようです。写真の向こう側はちょっとした崖なので落ちたら超危険。少々ならパニックになっても足場はそれなりに広いし、旦那さまがしっかりと警戒していたみたいなので杞憂だったようですが、想像するだけで恐ろしい(´-﹏-`;)

さて気を取り直して続きです。

娘の手から逃れたカマキリさん
大冒険17
もちろん逃げます。

岩場の影へ
大冒険18
まだまだ逃げますよ

そしてコチラへ振り返り警戒
大冒険19
なんかいい写真が撮れました。岩場の影へ隠れてしまいました。

その間、足元で静かに過ごしていた、今日1番可愛かった猫さん
大冒険20
にゃーにゃー泣いて甘えさんでしたよ。

さらに別の岩の上に登ります
大冒険21
チャレンジ精神旺盛。娘の達成感満載。

帰り道に通った岩
大冒険22
娘「あまやどり♪」と。

帰りも全く抱っこをせず
大冒険23
安全そうなところはテッテッテと先に行き、必ず後ろを振り返りますw

王子が丘の散策を終えて車に乗り込み、帰り道にドンレミーというお店に初めて立ち寄りました。開店当初から、いつか行きたいと思っていたのですがなかなか寄る機会がなかったんですよね。敷地内にある工場でできたスイーツのアウトレット商品を取り扱っていましたよ。偶然にも5周年感謝祭をしていてとてもラッキーでした♪でも開店当初から5年も立ち寄れてないことに気づいて驚きました。このお店の道は、いつも娘と遊んだあとの帰り道で、娘は車の中で眠っていたから無理だったんですよね。その娘が元気よく起きているだなんて、なんだかとっても感慨深かったですよ。

この価格で夢のような量のロールケーキ
大冒険24
1パック150円!!!

3時のおやつに頂きました
大冒険25
フルーツの匂いがちょっと独特ですが、破格値段なので美味しく頂けました。他の2本はフルーツが入っていないので、とっても美味しく頂けると思います♪瞬冷凍に入れたので、しばらく楽しめそうですよ(*˘︶˘*).。.:*♡12月は両家ともに帰省をするので、手土産にバームクーヘンを購入。これも美味しいといいなぁと思っています。

帰宅後の娘は・・・。

折り紙三昧wいろんな食べ物を作って販売していました。今日も娘の作品を食べすぎて、お腹いっぱい胸いっぱいなかあちゃんでした。ちゃんちゃん。

あたらしい
4歳の女の子、初めての生活発表会 Dec 14, 2018
4歳の女の子、チャブチャブのあとの聡明さ Dec 11, 2018
4歳の女の子、お絵かきなら一緒にできるかあちゃん Dec 06, 2018
やはり偉業を成し遂げるしかない。。。(ヾノ・∀・`)ムリムリ Dec 04, 2018
4歳の女の子、久しぶりの大冒険 Dec 01, 2018
揚げ焼き炒めの大学芋 Dec 01, 2018
食生活を見直そうと思いまして、の続きのその7 Nov 29, 2018
テンプレートの変更 Nov 28, 2018
4歳の女の子、娘とふたりきりの3連休の3日目 Nov 25, 2018
4歳の女の子、娘とふたりきりの3連休の2日目 Nov 24, 2018
こめんと
かてごり
ふるい
このみあれやこれやりんく
かうんたー