4歳の女の子、年中さんの夏休みはどう過ごす?

今日から夏休み開始!

・・・ということで、1日目にして娘とのマンツーマンに疲れております(^_^;)幼稚園で「せいかつひょう」がシールと一緒に配布されたので、娘がこの夏休みで頑張ることを家族会議で決めましたw

①ひらがなを書けるようになる
②カタカナを書けるようになる
③早く起きる
④遊びながら食べない
⑤鼻くそを食べない
⑥お片付けができる
⑦箸の正しい持ち方で食べる
⑧自分で着替えができる
⑨ピアノの練習をする
⑩顔つけの練習をする

せいかつひょう
今週の目標は「お片付けができる」です。といっても、娘はそこそこできるんですが、現在できていることも意識することで更に達成感を味わっていただこうみたいな感じで、簡単な目標を入れています。あ、⑤は小さい子あるあるですよね。。。大人は精神衛生的にも嫌がりますが、微量を摂取しながら免疫を高めているという説をかあちゃんは信じているので、積極的には注意をしていません。「いつまでも食べていたらお友達に汚いって嫌われるよ―もう4歳だからなー」と言っています。初日の20日は①③④⑤⑥⑦⑧を頑張っていましたよ。一緒に洗濯物を畳んだり片付けたりするのが、かあちゃんに頼りにされている感じがして嬉しいようです(*^^*)

さて幼稚園は9時~17時で園庭開放と本の貸出をしています。自転車へ乗る機会がなくなると体力が落ちて9月からがしんどくなるので、来週の月曜くらいに朝一で本を借りに行こうかなぁと検討中で、暑いの嫌だなぁという気持ちを奮い立たせているところです。いやーしかし、明日から娘と何をして過ごそうかしら。。。可愛さ余って面倒くささ100倍でありますが、ガンバルンバです!

hino cafe ♪ telier(minne) ← 是非、遊びに来てください♪

スポンサーサイト

4歳の女の子、かあちゃんは心配の底なし沼

【7月18日】
この日は1学期最後のPTAがありました。なんだか今後の予定を確認したくらいで、これ、集まる必要ないよね・・・というレベルの話でしたが、幼稚園の近くにある小学校の教室にはエアコンが設定されていないという情報をゲットできたので良かったです。

常に熱中症を警戒するレベルで気温がヤバイですよね。昨日は娘が夕方から微熱を出しました。トイレには行っているし、普通におやつも食べお茶を飲んだりもしていましたが、なんか甘えっぷりが半端なかったです。眠たいからおでこがちょっと熱いのかなぁ?と思っていたけれど、少し時間が経っても熱く、首元は若干汗ばんでる割に足が冷たいという変な感じ。。。クーラーつけているので室温は26℃以下になっているけど部屋の熱気が取れていないから熱中症になった?それとも気温差が激しくて自律神経乱れているのかな?まさかの知恵熱?とか思い、薄手の長袖長ズボンに着替えて、ポカリを飲ませ、冷えピタを貼り様子をみていたら落ち着きました。トイレについていくと普通の尿だったので、んー?と悩みつつも、被災から体力的にも精神的にも色々と大変だったと思うし、幼稚園での連日の暑さで疲れが出たのかなぁということで片付けました。

・・・が、小学校1年生の子が熱中症で亡くなってしまったというニュースに、ショックを受けてしまいました。豪雨からこっち、メンタルが今ひとつなので、外部からのメンタルへの影響力が半端ないんですよ。おのずと娘に置き換えて考えてしまい、いつもより深刻さが増してしまいます。岡山県のエアコンの普及率は32位らしいですよ。そして岡山市は南海トラフに備えて耐震工事の方に力を入れていて、エアコンの予算がとれない?とかで後回しだそうです。

どうして同時進行できる予算を組んでくれないんだー(叫)

今朝の8時で30℃を超えているんですよ。今日も朝だけは自転車送迎をしましたが、もう暑すぎです。春には20分で到着できた幼稚園に、今は30分かかっています。かあちゃんは往復1時間なんですよね。私自身には、首にしろくま・腕にもしろくま・帽子の中に保冷剤・塩タブレット・お茶を持参しています。娘には首にしろくま・背中にアイスノン・幼稚園に着く前に水分補給をさせ、とにかくできることを全てしてから送り出しています。娘は持参している水筒のお茶を飲まない日があったりしていたので、口を酸っぱくして飲むように教えてきましたが、それでもなかなか難しいみたいです。先生も口頭で指示することはあっても、毎回全員確認しているとはどうしても考えられないので、かあちゃんの心配は消えません。とりあえず10時半くらいには牛乳を飲んで体を冷やすし、11時半には迎えに行った直後にポカリを飲ませるということで、なんとか回避できているのではないかなぁと言い聞かせています。

まぁね、基本はみんな大丈夫なんだろうけれど、娘のプライドの高さが邪魔をして、しんどい時に「しんどい」を言えない可能性を思うわけですよ。体は3歳なのに、やっていることは4歳の遊び。それだけで心配になるのです。子供ってギリギリまでピンピンしていて、あっという間にぐったりしますから、幼稚園の先生で対応できるのか?と不安に思うのです。幼稚園では水遊びは終了していたけれど、あまりに暑いので水遊びを急遽することにして対応していましたが、心配性のかあちゃんは、果たしてどれだけの人が、頭に水をかけることを忘れないだろうか?などと考えたりしちゃうんですよ。水に濡れないと頭皮が50℃を超えるみたいなので、もう心労が・・・(;´∀`)

で、話を戻して、今住んでいるところから小学校までは、子供の足で徒歩30分くらいかな?と思っています。これに8kgくらいの荷物と水筒を持っていくなんて過酷としか言いようがありません。しかもポカリとか塩タブレットとか持っていけないんですよ。校内は窓を開けて扇風機回しても気温が下がるわけではないし、コンクリートだから熱は逃げないので外とあまり変わらない状況。そこに何時間も娘を置いておくなんて、ちょっとかあちゃんにはメンタル的に無理なのです。今も熱中症で搬送される人数も半端ないし、8月中旬まで猛暑っぽいし、不必要な外出は控えてとニュースで言っているのに、校外授業へ行くなんて。。。根性論的なこと?・・・とんでもない!と吐きそうになりました(¯―¯٥)

社会人になって思うことは、とにかくきちんと物事を考えて、柔軟にまわりの空気を押しのけてでも行動できる人があまりにも少ないということ。心配しすぎて何もできないでは困るけれど、知識の乏しさ、経験の乏しさがかなり浮き彫りになってきているような気がします。あと「自分は大丈夫」という想像力のなさに驚きます。また日本人の陰湿さも増してますよね。自分と同じ苦労を子どもたちに強いりたいみたいな年配の人、親。いやいや、一昔前よりも気温が上がってますから!!!平均気温の数字で見ると「たった1℃の上昇」としか思えなくても、昔からコンクリートがない素敵な観測場所が変わっていないだけで、観測場所を変更してアスファルトの町中で測ってみんさい!って思うのです。絶対に体への影響は大きいと思うし、きっと昔よりも塩分を摂取しなくなっているし、農耕をしなくなった分、体の適応幅も減っている。だって昔と今の人の骨格って違うでしょ。明らかにスラッとしてきてくる。そして子ども(高齢者)は体に水分を蓄えておく力が大人よりも弱いんだから、それも考慮して、国の舵をとっている方々がエアコンのない教室や屋外でとっても難しい授業を受けてみたらいいんです!(怒)被災地に派遣された自衛隊だって熱中症になるんですよ!やっぱり体を鍛えてるとかは関係ない。

これも全部、核家族化でお金儲けをしてきた結果なのではないかと思ったり、あまりにも未来への投資をしてこなかった大人の責任なのかなと思ったりしていますが、もう私にはどうすることもできません。

えー暗い話ばかりになってしまっていますが、今の私はメンタルが疲れているので色々と考えていて、とりあえず「エアコンが設置してある小学校区へ引っ越しを検討したいかあちゃん」になりました。先立つものはいりますが、とにかく何かあってからの後悔をしたくないのです(:_;)

あ、そうそう、実家の片付けのため延期になっていた懇談会をこの日にしました。フレッシュな先生とはどんな話をしたら良いのか悩みましたが、「とにかく園に慣れて、とても楽しく通えていることが何よりです」とい感謝をお伝えしました。あとは娘の行動がワンテンポ遅いことが私も気になっているし、先生も何でそんな感じなのかと聞いて来られたので、娘の考えていそうなことを説明をしてみました。また先生からは「お弁当の苦手なおかずも他の子は残したりするけれど、少し時間はかかるが残さず食べたり、箸の持ち方を頑張ろうとしていたり、手洗いも丁寧にしています。そして周りをよく見ているようで、困っている子がいたら「困っているみたい」と教えに来てくれるんですよ。」と教えてもらいました。家では甘えて頑張らないくせに・・・と思いつつ、かなりの成長も伺えるし、今まで悩んでいたお友達問題が少し解決して良かったなぁと思う1学期になりました。

【7月19日】
今日は終業式の日でした。暑いですが、滞りなく進んでいました。でも後半で、なんか前の人がヒソヒソして後ろを何度も振り返っているなぁと思っていて、気になったので私も振り返ってみたら、後ろで床に座って椅子に持たれている保護者さんがいました。幼稚園の用務員の先生が対応されていましたが、とりあえず傍にお茶があって少し飲んでいるのと、顔色が悪いという情報が目に入ってきました。あ、これはマズイ!と思った瞬間に、ドキドキしながらも勝手に体が動いていましたね。

「塩タブレットあるけど食べれる?」

これを3回訪ねて、目を開けて首をふり無理なことを教えてくれました。

「ポカリかなんか持ってきてる?」

「カバンに・・・」と教えてくれました。でも50cc程しかなかったんですよね。いつもちょっと独特な雰囲気の保護者さんだったので、この時点で精神的なことも考慮しながら飲むようにすすめて介助をしましたが、なんとか口を開ける程度。これは熱中症の方が可能性が高いなぁと思って、でも幼稚園に何があるかも分からないし、とりあえず近くにあった扇風機を勝手に取ってきてあてることにしました。まだ園長先生の話は続いていましたが、そうやって動いている間に、同じ組の一緒に入園したお母さんが来てくれて、もう1人のお母さんも来てくれて、脈を測ったりしてくれだしたので、かなりホッとしました。

あ、対応できるのが私1人じゃない。

不整脈が出ていました。そして朝から熱があったこと、薬は飲んでいないことの情報を得た後、チアノーゼが出たというより血の気が引いた感じ(顔面蒼白)だったので血圧が下がったのかな?という印象で、声掛けでハッとして目を見開いたりしていたので、ちょいちょい意識が飛んだりもしていたように見受けました。とにかく冷やす方向で足元を高くしたりと3人でなんとなく相談しながら、幼稚園の先生が物を揃えるという感じでちょっとずつ準備が整いました。救急車を呼び園長先生がついていくことに。血色が少し戻ってから救急車が来て、自力で受け応えたり少し動いたりできていたので、とりあえず一安心。このまま無事だったら良いなぁと思っているところです。

こんな感じで、熱中症はヤバイですよ。

子供のために体調が悪いけど頑張って参加したのでしょう。私もそうするだろうし、どのお母さんも入院しなくちゃならないレベルでない限り、きっと頑張るでしょう。世の中のお母さんは何役も頑張りすぎ・・・と、別の話になりそうなのでやめておきますが、誰にでも起こりうることなのに、もうちょっと多くの人に熱中症に警戒してほしいですね。

ちなみに娘の通う学校区の小学生の下校中の様子は、自前の帽子をかぶっている子が1/4くらいしかいませんでした。え?学校の制帽はないの!?という驚きです。気温が35℃を超えているのに大人はいったい何を考えているんだろうという感じですが、「暑いなぁ―。気をつけよう!」と思うだけで暑さのために思考停止しているのでしょうね。

責任を問われる判断ができない大人ばかり。だから行政で「30℃を超えたら外の授業は中止」という感じで決めなくちゃ!気温・湿度計が各クラスにあるべきだし、アメリカではエアコンが入っている方が学力向上するっていう結果も出てるわけで、風邪気味の子をプールサイドに2時間なんてあり得ない!北海道でも気温25℃湿度80%で熱中症の疑いだそうで、北海道でもなりうるということを認識しないと!!!えい!もう他の長期休みを返上して、7~9月を全部夏休みにしてしまえ!(あ、全国一律で考えることに無理がきてるんだから、雪国は雪国の知恵で考えてくださいね。)

えー・・・こんな感じで、豪雨から親にかなり毒されているので、外部からの影響が半端なく、暑さに喧嘩を売ってしまう程にダメダメなかあちゃんです。なんでも良いから泣けたらストレス発散になるのになぁと思っていますが、それもなかなか叶わず、娘は「泣きたいんなら、一番つらいことを思い出してみたら?まるちゃんでそんなことを言っていたよ」とアドバイスをくれましたw

今日の保護者さん救護のことも、ぐるぐる思考で回想が半端ないです。もうちょっと上手く自分が対応できていたらなぁと反省してみたり、いやいや先陣を切っただけで十分だろうと思うし、あとから来る人のほうが冷静な判断ができるよなぁと自分を養護してみたり、頭では理解していても浮き上がってくる感情が支離滅裂すぎて、とってもしんどいです。幼稚園が怖いところになりかけているかあちゃんですが、明日から夏休みなので、みんなの記憶も薄れるし話題にも上がらないだろうから大丈夫!と言い聞かせています。

毒を吐き出すための支離滅裂思考にお付き合いくださりありがとうございましたm(_ _)m

hino cafe ♪ telier(minne) ← 是非、遊びに来てください♪

4歳の女の子、今年の七夕はこんな感じでした~

【7月6日】
お弁当終了の日だったのですが、前の日に先生から「頑張って食べれたんだよという達成感を味わえるように、ちょっと工夫をしてくださると助かります」と言われました。えー今日は買い物に行けれないんだから、もうちょっと早く言ってよ~主婦だってヒマじゃないんだぞ~と心の中で思いつつ、いつもは手抜き弁当を作るかあちゃんですが、この日は朝から1時間もかけて頑張りましたよ!
2018七夕1
いや、まぁね、普通のお弁当で好きなものが多ければ良かったっていう簡単な話なんですけどね。ほら、やっぱりたまには手間をかけてやりたいと思うのが親心???・・・みたいな気になっちゃったので、この日は幼稚園で七夕会をするらからそれに合わせたお弁当にしました。キャラ弁とか得意な人にとってはむっちゃ簡単すぎるとは思うんですけどね。はい。頑張りました。真ん中の星の形はスイートポテトです。これにかなりの時間がかかりましたが、娘には内緒にしていたので、お弁当のことを聞くと「むーーーっちゃ美味しかった~!!!♪(*^^*)♪」と笑顔を見せてくれました。

幼稚園で作った七夕飾り
2018七夕2
ええ、大雨の中持ち帰りましたよ(¯―¯٥)願い事は「プリキュアになりたい」だそうです。リトミックでは「忍者になりたい」でした。どうも、外向き用の願い事らしいですwww

で、この夜に豪雨のために避難したんですよね。。。

【7月7日】
家族皆、爆睡でした~。

【7月8日】
七夕の日は避難で疲れ果てていたので、翌日にかあちゃんと娘の2人で七夕会をしました。それには理由があって、娘が嫌いな「そうめん」を食べられるようになって欲しいと思ったからです。なので「今日のお昼はそうめんにするよ!」と言うと嫌がりましたが、「でも昔から七夕の日にはそうめんを食べることになっているんよ」という説明で、娘は「へー」という感じであっさりOKを出しました。特別な卵のお星さま、そしてプランターで育てているプチトマトが1個だけ赤くなっていたので娘に収穫させて、特別なそうめんが完成!
2018七夕4
たったこれだけのことで、「今日のは美味しい!」と言いながら、ペロッとそうめんを食べてしまいました。我が家で作った七夕飾りの願い事には「たくさんの花火をしたい」でした。これが本音だそうですよw

幼稚園で覚えた「七夕」の歌を何度も歌ってくれました
2018七夕3
毎年、実家で花火をして、翌日に花火大会という感じだったのですが、今年は花火大会が中止になったので考え中です。近くの公園へ行ってから花火をする感じしかないかなぁと思っています☆

そういえば、昨日は暑かったので「そうめん」を食べましたが、以前ほど嫌がらずにきちんと食べられるようになりました。平和な日常。本当にありがたやーですね♪

hino cafe ♪ telier(minne) ← 是非、遊びに来てください♪

西日本豪雨。1週間と2日が経過しました。

昨日はスーパーで色々と買い込んで、高梁の実家へ行ってきました。一昨日から180号が片道通行で開通したので、このルートで行きましたが、豪渓~広瀬まではかなり豪雨の爪痕が残っていました。見える範囲の線路はレールがむき出しになっていたり、草が絡まっていたりと、復旧までにはかなりの時間がかかりそうな印象。広瀬あたりは大型トラックがひっくり返っていたし、観光用の大きな地図の看板は2.5mくらいまでは冠水したのでは?という感じでした。

高梁の町中のひどいところの道路は、パッと見た感じでは4日前より綺麗になっていましたが、民家では中の物を出したりして片付け中だし、ひっくり返った車はそのままで、本当にまだまだという感じです。一部で試験的に水を流すアナウンスはありましたが、断水も続いていて、ゆめタウンの給水できるところに茨城県の給水車が応援に来ていました。暑いのに全国から支援を頂いているんだなぁと実感し、少し温かい気持ちになりましたが、この人達は夜にちゃんと寝るところがあるのだろうか?などと、熱中症を心配してしまいました。

ありがたいことに、実家は床下がほぼ良い感じに乾いたので、朝から父が石灰をまいていました。でも一昨日に急遽床板を履いだので、廊下の通り道が荷物でふさがっていて通るのが危険な感じになっていました。母は自宅が一段落してから職場へボランティアに行っているので、これは私が片付けたほうが無難と思い、安全な通り道を確保しました。外に設置してある温度計は「37℃」だったので、もう外で3分ほどゴソゴソしたら汗が吹き出ます。2階でエアコンが使えるので、28℃に設定された室内は本当に天国でした。

かなり暑いので、荷物整理が終わってから休憩もちょこっとにして、すぐに帰ることにしました。帰り道、川岸がハイラルみたいになっていると私が言うと、娘が「ガーディアンがおるかもしれんw」と楽しみます。「あそこの2本の木にはコログ♪」と娘は無邪気に言うので、いくらか落ち込んだ気持ちが吹き飛びました。

母の職場は、やはり1階が酷い状況のようです。入居者の家族が片付けを手伝ってくれているようですが、ボランティアは入ってくれていないのかな?母の話だけではよく分かりませんが、母曰く「利用者さんが可哀想。私らはこれだけしかしてもらえんのかと思っているかもしれん」という感じだそうです。今日から近くの施設で午前中だけお風呂を借りられることになったので、明日から本格的に仕事復帰をするそうですよ。でもこの暑さだと、お風呂に入って帰ったら汗だくだし、移動をするだけで体力を奪われそうなので、どれが正解かは分かりませんね。でも結果はどうであれ、自分たちのために何かしてもらえている、骨を折ってくれているというのは、心の支えになったりするもんですよね。広島・真備・愛媛など被災したところが少しでも早く良い状況になることを願っています。

・・・ということで、まだまだ気がかりなことはたくさんありますが、私に出来ることはやり終えたので、なんとか通常営業の私に戻ることができました。明日も暑いので家に引きこもりの予感大ですが、くれぐれも熱中症には気をつけていきましょうね!

ところで余談ですが、災害や死刑の裏側で「水道の民営化」というのが衆議院でコッソリと可決されたらしいですよ。私の感覚的には電気よりもとっても大事な「水」のことなので、水源の山を他所の国に買われたりしているし、これはますます日本がまずい状況になっていくのではないかと心配していますが、こればかりはどうしようもないですよね(¯―¯٥)

hino cafe ♪ telier(minne) ← 是非、遊びに来てください♪

西日本豪雨。実家の片付けをしました

ブログを訪れてくださった皆さま、ご心配をおかけしました。コメントも頂いて、ありがとうございましたm(_ _)mやっと気力と体力が回復したので、ブログを書いてみようと思いました。

【7月9日】
避難指示は継続されているものの、午後からはしっかりと晴れてくれました。高梁の実家までの道を確認すると、180号は冠水していて通れないし高速も使えませんが、賀陽まで上がってから高梁へ行くルートがあるかもしれないという感じでした。これなら明日くらいには手伝いに帰れるかも?と思っていると、夕方、仕事から帰った旦那さまが「今から帰ろう!」と言うではありませんか。。。

午後はしっかりと晴れていたので、二次被害のリスクが減っているし、旦那の発言に驚きつつも、被災時は初動が肝心なので、戸惑いつつもとりあえず帰省する準備を始めました。

まず床上30cm程浸水した実家には、ゴロ寝をできるアイテムがありません。普段の帰省時に私たちが使っていた寝具は親が使っています。なので3日位は滞在できるように、家にある大きい敷物・座布団・タオルケット、そしてクーラーがない部屋で寝るようになるので、家にある全ての保冷剤とサーキュレーターを持って帰ることにしました。いやー実家の冷蔵庫が生きててよかった!

家の冷蔵庫からは、ゆで卵・卵焼き・きゅうり・牛乳・野菜ジュース・のり・ふりかけ・塩を持って帰ることにしました。卵焼きを作った理由は、母が肉が食べられないのでタンパク質をちょこっとでもと思ったのと、こういうときに手作りのものを食べられると嬉しいかなぁと思ったからです。ガスコンロが使えるのか今ひとつ分からなかったので、他の食材は無理でしたね。あとはもしものことを考えて、向こうでも避難できるように持ち出しバックも準備して行くことにしました。

この時点で大荷物です。それでも帰る前に簡単に口にできるものを近所の大型スーパーへ買い出しに行きました。昼間にテレビで見たように、全てのパンが無かったんですよね。鮮魚コーナーはもちろんガラガラだし、野菜やカップ麺、牛乳が品薄でした。それでも自分たちの食べ物だけは買って帰らないといけないので、米10kg・カップ麺・牛乳・お茶・ポカリ・コーンフロスティ・プチトマト・漬物・納豆・塩タブレットなどを買い込みました。

総社までは180号で帰りました。豪渓のところに警備の人が立っていて、そこから賀陽ルートへ案内されました。それでも普段のルートは2箇所ほど通行止めになっていて、大きく回り道をすることになりました。日が暮れるまでに山道を抜けたかったのですが、通ったことのない道にナビがあっても苦戦しましたね。それでもなんとか見慣れた高梁に到着しました。ループ橋を降りてやれやれと思っていると、橋がむっちゃ混んでいましたよ。これには旦那さまもゲンナリしたようですが、橋を渡った先の光景に、助かって良かったなぁという気持ちが湧きました。トラックの下に車が入り込んでひっくり返っていたり、道が無くなっていたり、土砂もあれば車が通ることろは砂埃。結局、家を出発してから実家へ到着するまで3時間くらいかかりました。途中、慣れない山道なので引き返そうかと思いましたが、雨が降らなかったので無事に到着できて良かったです。

実家は想像していたよりは大丈夫でした。床上30cmの浸水があった割に、川から家通りのある道を1本挟んでいたためか、土砂の入りが少なかったんですよね。被災当日に同じ町内に住むおじさんの助けを借りて、なんとか外に畳を出して回収してもらうことができていました。食器棚の脚が水に浸かって弱っていたため、上に乗せていたレンジごと脚から崩れて壊れてしまっていましたが、それを片付けてくれていたのでホッとしましたね。

【7月10日】
夜は暑かったですが、親が寝ている隣の部屋のクーラーを強めにかけて、扉を開けたままサーキュレーターで空気を入れ、その前には保冷剤を入れた保冷バックを設置して、娘にはアイスノンを使って寝ました。

私は気が立っていたんでしょうね。あまり寝れていないけれど、5時にはバシッと目が覚めました。父と車で4回臨時ゴミ置き場へ行きました。朝なのに汗が吹き出ます。普通にお茶を飲みつつ2Lのポカリを1人で開けましたが、この日の最高気温は30℃くらいだったはずなのに私のトイレ回数は4回。いやー汚い話ですが、かなりの濃縮でしたよ。飲んでも飲んでも追いつかない。こんな感じなら真夏日だとすぐに熱中症になるだろうなぁと思い、とにかく早く片付けの目処を立てなくてはヤバイと思って動き回りました。

私が動き回るからなのか、疲れが出ているからなのか、年で動けないからなのか、スーパーで食材を手に入れた母が「ご飯を作る役」に徹しました。いやいや、私たちの食べることを気にする前に、まずは自分たちの家の片付けだろう!と腹が立ったのですが、まぁ言っても仕方ないことだとグッとこらえて、私は片付けに専念しました。旦那さまは大きな力仕事以外は娘の相手がメインなので、やはりイライラしますが、真夏日になる前に片を付けるためには、とにかく私のイライラは飲み込むしかない状況でした。

この日は外回りにあった全てのゴミたちを片付けました。夕方のゴミ出しを父と旦那さまがしてくれてなんとか終わりました。母はいろんなところからの電話対応や訪ねてきた人への対応が多かったですね。もうちょっと動いてくれーという感じですが、知り合いが覗いてくれるだけで、声をかけてくれるだけで心の支えになっているようでした。

【7月11日】
5時には目が覚めるかあちゃんです。この日は、とりえあず畳があった部屋以外をスリッパなしで歩けるように、そして台所さえ片付ければ、ある程度のきちんとした生活が送れるだろうと思ったので、徹底的に拭き掃除を行いました。

もちろん1人でですよ(¯―¯٥)

とにかく両親揃って片付けが下手くそなんです。ぐちゃぐちゃを目の前にしていると途方にくれるんでしょうね。片付けが好きな私はテキパキぶりを発揮しましたよ。親の手に届くところ、見えるところ、使いやすさなどの動線を考えながら物を配置し、でも床にはできるだけ物を置かないようにして、やっと台所もまともに使えるようになりました。あとは桐タンスも外で水を抜いたりして乾燥させたし、襖も乾燥させたし、押入れの中に水とりぞうさんを、濡れが酷いところには扇風機を買ってきて設置。とにかく自分たちでできることは全部しました。

残すは畳の部屋の拭き掃除が半分のみ。明日に持ち越すことにしました。

【7月11日】
畳があった部屋で朝食中の娘
被災1
畳の部屋の拭き掃除も終えました。この暑さなので、とりあえず疲れが溜まっては次が動けないし、娘のストレスが強くなっても困るし、旦那さまの仕事のこともあるので、午後に一旦帰ることを決めました。帰る話が出てから娘も理解しているようで、それまではとっても静かにお利口に過ごしていてくれたのに、かなりの甘えっぷりを発揮しましたよ。かあちゃんの後を追ってきては抱っこを要求してきます。きちんと事の大変さを理解していたんでしょうね。言わずとも娘が「我慢が最大の手伝い」を実行してくれるのは、本当にありがたかったですね。寂しくなったら、「なんか手伝うことはない?」と聞いてきて、とっても可愛らしくて頑張り続ける気力になりました。それは私の親も同じだったでしょう。いやーしかし、娘は何かと貴重な体験をすることが多いですよ。またグイッと成長すると思われます。
 
昨日くらいから「り災証明書」の発行について情報が入ってきました。でも私の親は、床上30cmで他所に比べたらあまり被害がないのに・・・とか、風が悪い(体裁が悪い)感じ・・・とか、保険に加入していないから・・・とか、何に使うのか・・・とか、色んなことをブツブツ言って手続きに行こうとしないのです。これがね、80歳の親なら一緒について行こうとか思うんでしょうけど、「あわよくば情報を調べてもらおう」とかいうのが見え隠れするので、自分たちの家のことなのになに甘ったれたこと言ってるんだ!という感じで腹クソが立ったので、生まれてきて初めて親を叱りました!(・∀・)

あーこれは完全に毒された感覚が深くなるぞー帰ったら大変だぞ―と思いましたね。。。

私が叱ったもんだから、すぐに2人で支所へ聞きに行きました。そこでは詳しいことは分からないけれど、発行しておいた方が良いことと、詳しいことをどこで聞いたら良いかというのを教えてもらって帰ってきました。

やれやれ。

とりあえず高速を使って我が家へ帰宅。落ち着きます。ドッと疲れが出ましたが、荷開きをテキパキと手伝ってくれた旦那さまのおかげで、サクッといつもの日常に戻りました。

娘はもちろんリンクですw
被災2

【7月12日】
座布団とかを実家へ置いてきたので、買い物へ行きました。あとはゴロゴロして過ごしましたね。母との電話では、大工さんが床を見に来てくれた!とホッとしている様子が伺えました。大工さんからも「り災証明書の手続きをしておいたほうが良い」と言われて、遂に父がしぶしぶ手続きに行ったそうですw

【7月13日】
娘を幼稚園へ。とてもじゃないけれど疲れていて自転車送迎は無理なので、旦那さまに車で連れて行ってもらいました。あまりに普通すぎる日常と、被害のなかった人の(今までの私がそうであったような)感覚にややショックを受けました。娘は幼稚園で先生に「じーじとばーばの家が壊れたんよ」と涙目で話したそうです。私は寝ても寝ても寝たりない状況が続いていますw

娘はかあちゃんのメンタルを敏感に感じ取っているようです。「かあちゃんは疲れとるからフミフミしてあげる」と言ってくれます。「かあちゃんはお昼寝してるから疲れてないよ?」と言うと、「じーじとばーばのお家で、早く起きてからお仕事してたからな。見てないけど、私には分かるんよ!」と得意気でした。愛くるしや―。

実家は動かなくなった車を取りに来てもらえたようで、廃車のことが一つ片付きました。家が落ち着いたためか、母は職場へ出向いたようです。母の職場は1階が全部浸かり、2階で利用者さんが生活をしています。ボランティアの方が少しだけ入って片付けをしているようですが、もう1週間も立つのに目処が立たないようで、今日はタダ働きをしてきたんだと話していました。もしかしたら電気が来ているので、真備のように大変なところには人や物資が集まるけれど、被害が軽微(と思われている)高梁は・・・という感じなのかもしれませんね。

私、自分が思っていたよりも「ふるさと」への想いが強かったのか、娘が生まれたからそう思うようになったのか分かりませんが、泣き崩れるわけでもなく、泣きたいわけでもないけれど、それでも何かできることはないかなぁと考えたりしています。真備に知った人もいるけれど、今の私には何もお手伝いすることができないので、とりあえず実家は一段落したから、ちょっとではあるけれど、母の職場に熱中症対策の飲み物を届けようかなぁと思って、旦那さまと相談して決めました。

【7月14日】
今日、日帰りで実家へ行ってきます!

ちなみに被災地の現状に心を痛めていても、日常を淡々とこなすことが、被災地への助けになることを忘れてはならないと思っています。阪神大震災や東日本大震災のときも、私はそう思って過ごしていました。なのでちょこっと募金箱に募金をしたくらいです。たまたま私は親が困っているから、直接親を助けに、間接的に施設への助けになるから、今日は飲み物を届けに行くだけなのです。直接何かできないことに気を病む必要は全くありません。行政が至らないところもあるけれど、人が足りないところもあるけれど、物資が足りないところもあるけれど、あるだけで、なければないなりにやってのけなくてはならないと思っています。だから自分たちのできること、日常を大事にするだけ、困っていないところが経済を支え続けるだけで、あるいは次世代を育てるだけで、支援になるのではないかと考えています。

そんなわけで皆さん!体温超えの気温になる予報がでているので、無駄に救急車で搬送されないように、熱中症には気をつけましょうね!

hino cafe ♪ telier(minne) ← 是非、遊びに来てください♪

ぷろふぃーる
4歳の女の子の母ちゃん「ゆめ」です☆育児に奮闘しながら、息抜きにチクチクしてますw基本的に子どもが喜んで遊んだものを、他の子どもちゃん達にもおすそ分けしたい気持ちから、小さなお店を始めることにしました。どうぞ宜しくお願い致します_(._.)_

コメントを頂けるととっても喜びます!
リンクフリー。
皆さまのブログでも応援して下さい♪
since 2017.1.26

「hino cafe (minne)」
ハンドメイド作品を販売しています。
ぜひご覧になってください。

「お店を始めるために考えたこと」
初心表明。

「more ぷろふぃーる」
My Favorite Things.

あたらしい
4歳の女の子、年中さんの夏休みはどう過ごす? Jul 20, 2018
4歳の女の子、かあちゃんは心配の底なし沼 Jul 19, 2018
4歳の女の子、今年の七夕はこんな感じでした~ Jul 17, 2018
西日本豪雨。1週間と2日が経過しました。 Jul 15, 2018
西日本豪雨。実家の片付けをしました Jul 14, 2018
特別警報。避難準備から避難指示。そして避難所へ。 Jul 08, 2018
フェルトのおもちゃ、左の指がコリますw Jul 04, 2018
アップサイクル糸、ポーチを作りました Jul 04, 2018
フェルトのコースター、うさぎさん Jul 04, 2018
4歳の女の子、顔つけは拒否で字の練習を頑張る Jul 01, 2018
こそだてぎょうじとらのまき
我が家の行事日記をまとめてみました。多くのかあちゃんたちのナニカの足しになればと記事にしてみました。長文注意。
こそだてかんごとらのまき
悩みは尽きない子育て中に困ったカラダのこと。多くのかあちゃんたちのナニカの足しになればと記事にしてみました。長文注意。
ずぼらりょうりれしぴとらのまき
作り方は手抜きですが美味しいです。ズボラになりたい人のナニカの足しになれたらと記事にしました。長文注意。
ココロのかんごとらのまき
生きにくさを感じる人のナニカの足しになれたらと記事にしてみました。育児中の人にも読んで欲しいかもです。長文注意。
どくおやたいしょとらのまき
親を尊敬する必要はない。親が嫌い。でも見捨てはしません。毒親に育てられた私のココロの処世術を記事にしています。長文注意。
こめんと
かうんたー
かてごり
ふるい
さくひんのあるばむ
このみあれやこれやりんく