まるっとゆめ♪note
FC2ブログ



毒親育ち×HSPによる子育て備忘録。時々、解毒剤&中和剤制作中♪ リンクフリー(*˘︶˘*).。.:*♡

Prev  «  [ 2019/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
ぷろふぃーる
5歳の女の子のかあちゃん
  「ゆめ」です(*˘︶˘*).。.:*♡

「ブログが新しく生まれ変わりました」

このブログでは育児のことをメインに、人生において「学ぶべきものはナニカ」について「誰かのナニカの足しになれば」と、自分の考えていることを発信中。

かあちゃんは「真面目でチャランポラン」になることを目指し、「まるっと」人を包むような優しさを持ち合わせていけたらなぁと思っています♪

「more ぷろふぃーる」
My Favorite Things.時々更新してます。

↓フォロー&「いいね」してね♪

「note」
↑フォロー&投げ銭してね♪

「hino cafe ♪ telier 」
↑私のお店でお買い物してね♪

どうぞ宜しくお願いします_(._.)_

since 2017.1.26
さくひんしゅう
こそだてぎょうじとらのまき
我が家の行事日記をまとめてみました。多くのかあちゃんたちのナニカの足しになればと記事にしてみました。長文注意。
こそだてかんごとらのまき
悩みは尽きない子育て中に困ったカラダのこと。多くのかあちゃんたちのナニカの足しになればと記事にしてみました。長文注意。
ずぼらりょうりれしぴとらのまき
作り方は手抜きですが美味しいです。ズボラになりたい人のナニカの足しになれたらと記事にしました。長文注意。

かあちゃん、6回目の出勤で来月からは独り立ち確定。

認知症のグループホームの課題って、開設当初に入られた利用者さんが老化や病気の進行によって認知症レベルや介護レベルがずんずん上っていくのに対し、職員は日々の忙しさに追われながらなんとか現状維持の働き方をしていっているんだけれど、利用者さんの見直しがされることはなかなかないので、だんだん疲弊していって職員が辞めていくというような悪循環があるんだろうなぁと肌で感じました。


グループホームでも看取り加算なんてものもあるみたいだけれど、それはハード面もソフト面もしっかり整っていたらできる話で、とりあえず中等度から重度になった利用者さんを別の施設へスライドさせて運営するの鍵なのかなぁ?なんてことを考えたりしております。だから認知症の方が、地域の中で慣れたスタッフに支えられながら少人数で生活し、認知症の進行を緩やかにするというような話は、やはり絵に描いた餅に近いのかなぁと。現場はそんなことを考える暇がなくて食事と排泄のお世話だけで一日を終えていく。。。財源がしっかりあって職員数が確保されていたりすれば、もうちょっときちんとされているところもあるんだろうなぁと。

私の職場は、ここ数ヶ月でグループホームらしくなるようにと動かれたらしいけれど、それでも厳しい現状からは脱せれていない感じです。認知症高齢者に対する日常生活自立度「Ⅳ」の利用者さんが3人もいますが、これが限界なんでしょうね。他のグループホームでも同じような状況なのかしら?と、本当に日々勉強状態になっております。

働いていて一番辛いのは、なりたくてなった病気ではない利用者さんへの対応です。私は認知症病棟に勤務していたので、どうしても「専門性の欠如によってここまでスタッフの対応の仕方が違うのか」という気持ちが湧いてきてしまいます。え?こんなんでいいの?って。。。ええ、完全にカルチャーショックを受けていますね。。。理想を語るつもりは全くないけれど、どうしてこの利用者さんがこういう行動をしてしまうのかなんて、スタッフは全く考えもしないようです。

利用者さんが日常生活を穏やかに過ごせるというのが一番の目標というか、当たり前のことだと思っていたのだけれど、日々場当たり的な対応でやり過ごしている感が半端ないし、これはもう日本社会そのものな気もしてきます。働き手はどんどん減少し、もっとひどい状況になっていくだろう日本を憂いても仕方ないので、とりあえずの救いは、スタッフに人間味があるところかなぁと感じています。陰湿さを感じないので。

そしてよくこんなにも認知症レベルの高い人を、夜は1人で、昼は2人で看ているなぁと、頭が下がる面もあるので、出勤するのは怖くて嫌な子どもな私が暴れるので大変だけれど、家族の力を借りつつ、もうちょっと頑張ってみたいなぁと思い始めています。もちろん、娘のため、お金をもらうためですが、幸いにも私は「仕事ができる人」という位置づけを獲得しスタッフさんからありがたがられているので、私の利用者さんへ対する姿勢を見せつつ、申し送りにも良い感じに繁栄できていったら、もうちょっとスタッフのレベルが上がって、良い仕事をしてくださればなぁと感じています。私が勤務する分だけスタッフさんに余裕が生まれれば、もしかしたら利用者さんに還元されるかもしれない。。。大体は願いごとは叶わないものだけどね。。。

ということで、次の金曜日に7回目の見習いを終え、来月の勤務から一人で早出をします。しかも正社員さんの夜勤明けが帰ると同時にパートさんが1人来て回し、午後はパートさんが入れ替わりで申し送りまで回すので、正社員さんの夜勤入りさんがやってくるまで6時間を無事にやりこなさなくちゃいけません。これ、施設的に日中がパート2人だけで大丈夫なの?という疑問はありますが、私の知ったこっちゃないので考えないようにしています。。。この辺、大人にならなくちゃですね。


スポンサーサイト

4歳~。幼稚園で借りた絵本リスト

娘の幼稚園では、毎週金曜日に絵本を借りてきます。そして休み中にお家で読んで「えほんカード」に、娘の様子や気がついたことなどを少し記載しなくてはいけません。この2年間でどんな絵本に娘が出逢うのか、「えほんカード」の記載内容とかあちゃんの好み5段階評価を残しておこうと思います(*^^*)


※随時更新していきます!(最終更新日2019/07/15)

【2019年】

㊳07月12日 ふしぎなナイフ(★☆☆☆☆)
「どうして『ふくらむ』とかになるのが不思議」と言っていました。まさにタイトル通りを言うので教えると、「あーあー」とうなずいていました。

㊲06月28日 わんぱくだんのにんじゃごっこ(★☆☆☆☆)
とうちゃん記入:わんぱくだんがどうしてワープしたのか気になる。

㊱06月28日 こぐまちゃんのみずあそび(?????)
とうちゃん記入:2人で一緒に水遊びをしていて楽しそう。アリに水をかけるとにげるんだ。

㉟6月21日 ないたあかおに(★★☆☆☆)
なんで赤鬼が泣いたか、なんで青鬼が逃げたのかを理解できました。赤鬼にとって良いことを思いついて、青鬼が暴れたのが面白かったようです。

㉞06月14日 かぶとむしのぶんちゃん(★★☆☆☆)
オスとメスの違いを見ていました。ぶんちゃんが投げてやっつけるところが面白かったようです。

㉝05月09日 はるだはるだよ!10ぴきのかえる(★☆☆☆☆)
「けろ」の鳴き声が面白かったそうです。その他は特に興味を示さずでした。

㉜04月12日 すてきな三にんぐみ(★☆☆☆☆)
三人組の絵が面白そうなので読んでみたいと思ったようです。内容は普通でしたが、武器の絵がカッコいいとのことでした。

㉛03月19日 いじわるねことねずみくん(★☆☆☆☆)
いっぱいケガをしていくねずみくんに「えー!?」という感じの表情をしていました。全体的に今ひとつだったようです。合計31冊の本に出逢えました。本を読むという習慣が身についてきたように思います。ひらがな・カタカナも読めるようになっているので、こっそりと1人で集中して読むことも増えてきました。

㉚03月08日 バムとケロのさむいあさ(★★☆☆☆)
一度読んだあと、1人で読み返していました。細かいところの絵を確認していたようです。

㉙03月01日 りんちゃんまちへいく(★★☆☆☆)
自転車を買う話をしてから気になって借りてきたようです。休んでいる間、何回も読みました。

㉘02月15日 ノンタンおねしょでしょん(★☆☆☆☆)
「おねしょって何?」ということで、夜の紙パンツ卒業に向けて考えていたようです。簡単なので自分で読んでいました。

㉗02月08日 そりあそび(★★★☆☆)
同じ本を借りてきました。雪に憧れがあるようです。そして最後のところが好きですね。

㉖01月25日 そりあそび(★★★☆☆)
最後のところでおばあさんが押入れに寝ていたのが面白かったようです。「ドラえもんと一緒だなぁ」と話していました。

㉕01月18日 おだんごぱん(★★☆☆☆)
狐が最後に騙そうとしているところに、話を読む前に気が付きました。面白かったようです。

㉔01月11日 スーホの白い馬(★★☆☆☆)
楽器を作っているところと、その後演奏しているところが気に入ったようです。少し内容が難しくて理解できませんでしたが「もう1回借りよ♪」と言っていました。



【2018年】

㉓12月14日 サンタさんのいちにち(★★★☆☆)
クリスマスが近づいてきているから、サンタさんの絵本が良いみたいです。家にあるサンタさんの絵本も読まされました。「サンタさんが来るの楽しみ♪」と、こっそり言いました。

㉒12月07日 がぶりもぐもぐ!(★★★★☆)
色んな動物が出てきて食べたところが面白かった。食物連鎖について考えるのは難しいけれど、土台づくりには良い本ですね。「土にかえる」は私も良く使います。

㉑11月30日 ともだちや(★★☆☆☆)
2回目になります。おおかみとトランプして仲良くなった。そして車をもらった。おおかみの口が大きかった。この3つが印象に残ったようです。

⑳11月22日 くまのがっこう(★★☆☆☆)
くまを12匹数えたあと、傘やりんごも12個だと気が付きました。椅子は2脚しか描かれていませんが、それも12脚だろうと話していました。

⑲11月09日 わんぱくだんのにんちゃごっこ(★☆☆☆☆)
忍者へのかっこよさを感じているようですね。家には、お友達に負けないようにと、手裏剣をたくさん集めています。

⑱11月02日 はらぺこわにときのいいかえる(★★☆☆☆)
わにとかえるがキスをするところで照れていました。性差について恥ずかしがることが増えてきた気がしますね。面白い感じはなかったようです。

⑰10月26日 どうぞのいす(★★☆☆☆)
「どうぞ」の意味を知ることができたようです。イスなのに座らないというのを理解が難しかったようです。

⑯10月05日 わんぱくだんのかくれんぼ(★★☆☆☆)
「わんぱくだん」という言葉が気に入ったようです。少しあらすじを説明できるようになりました。

⑮09月28日 かえるくんととりのうた(★★★★☆)
興味のある話だったようで3回読みました。最期のページに別の鳥さんが出てきて「いつものように」の行間に込められたところを知りたがりました。

⑭09月21日 ぐりとぐらとくるりくら(★☆☆☆☆)
なわとびをしているところが印象に残っているようです。

⑬09月14日 ぽっかりつきがでましたら(★☆☆☆☆)
「いないないばぁ」的な感じに1ページずつ「えー!!」と交換を入れたように面白がっていました。もう少し長い話が良かったようです。

⑫09月07日 バムとケロのそらのたび(★☆☆☆☆)
細かいところの発見が楽しかったようですが、1回しか読みませんでした。

⑪07月09日 ながいながいへびのはなし(★☆☆☆☆)
「ながい」が長すぎて想像がつかなかったようです。「え?どういうこと?」と言っていました。

⑩06月29日 せんたくかあちゃん(★★★☆☆)
「この本は面白いんよ~♪かあちゃんが洗濯する話」と袋から取り出しました。「かあちゃんがかあちゃんでかあちゃん・・・」とニヤニヤしていました。

⑨06月22日 100万回生きたねこ(★☆☆☆☆)
親子で選ぶ日。かあちゃんが有名だからと選びました。本の内容について「死んだふりをしているみたい」と思ったようです。深く読み解くのは無理でした。

⑧06月22日 かばくんのいちにち(★★★★☆)
起きてすぐにトイレへ行くかばくんは、自分と同じで面白かったようです。かばくんが失敗してしまうのも面白いと言っていました。

⑦06月10日 むしむしでんしゃ(★★☆☆☆)
絵をみて「ゆっくり探してみよう」と思ったらしいです。「おしりが出てる~♪」とズボンがズレているのを見つけて笑っていました。

⑥06月01日 つきのぼうや(★★★☆☆)
「3人で一緒の本を借りたんよ」と嬉しそうでした。”ぼうや”が男の子のことだとして驚いていました。池と鏡が同じように見えると気づいていました。

⑤05月25日 きみはしってる(★★★★☆)
”きみ”が何度も出てきて、それが自分だと理解してからは、とっても楽しそうでした。そして「肉を盗ったのは私じゃないよ~」と笑っていましいた。

④05月18日 どろだんご(★★★☆☆)
「おだんごの作り方が分かるかなーと思って」この本を選んだようです。気に入ったようで「むっちゃ楽しい」と言っていました。

③05月10日 ともだちや(★★☆☆☆)
タイトルと絵で楽しそうと思ったようです。でも少し難しかったようで、キツネさんが帰る時に「ただになった」と思ったけど、どうしてそうなったのか教えると、「他の本にすれば良かった」と言いました。

②05月02日 じめんのしたの小さなむし(★★☆☆☆)
前の日に幼稚園の皆で「だんごむし」や「てんとうむし」を虫かごに集めたことがきっかけで、この本を選んだようです。そのことを言い当てるとニヤニヤしていました。

①04月27日 なきむしえんはおおさわぎ(★★☆☆☆) 
タイトルを自分で読み、1ページ目を頑張って読みました。言葉のリズムが楽しそうでした。野菜がかくれんぼしたところの反応が良いです。

hino cafe ♪ telier(minne) ← 是非、遊びに来てください♪

かあちゃん、5回目の出勤で独り立ち予行演習?

朝一番。


夜勤明けの施設長さんが「もうこの子(私)はできるから、分からんことがあって聞かれたら教えてやって」と、同じ勤務の正社員さんに指示をしました。私的には「今日でまだ5回目なんですけど?」という漠然とした不安と、「まぁ私の方が頼りになるんだろうなぁ(*ノω・*)テヘ」という自信が入り乱れて、「ほへー」という感じで不思議な感覚を味わいました。そして正社員さんは、午後から4回目の出勤になるパート看護師さんのお世話係を依頼されていましたよ。

で、申し送り後の話。

目の前で、正社員さんが怒られました。大の大人の男が目の前で。。。こんな光景は生まれて初めてでしたね。。。たぶんね、ちょっとね、大人の発達障害のグレーゾーンにありそうな正社員さんの印象なので、もう仕方ないというか、お互いに可愛そうな感じがしました。噛み合わない会話。伝わっっていない感じ。だからその場にいた大人な私は苦笑いでうなずき、子どもな私は辛かったです。

施設長さん、この正社員さんの指導方法が難しいだろうなぁと思います。けど、そんな発想や知識は持たれていないだろうし、今の現場はちょっと私からしたらプロ意識に欠けるところが目につくので、うーん。。。施設長さんのオーバーワーク気味な感じに頭が下がるばっかりです。なのでひたすらスタッフさんとの関係のバランスを保ちながら、さらりと私の仕事の姿勢を見せていくしかないのかなぁと感じています。これ、私のパートの仕事じゃないんだけどね。。。でも利用者さんが気の毒なのと施設長さんの精一杯な感じが私を動かすのかなぁ。。。

午前中はまぁまぁ仕事ができる看護師さんがいてくれたので気持ちが「楽」でした。必要に迫られて苦手な電話の対応もしたし、お客さんの対応もしました。そして昼ごはんの用意が一番苦手ですが、ギリギリなんとかなりましたよ。

でも午後はね、私、出勤5回目にして場を回しましたよ。。。

もちろん、新人という立ち位置を装いつつ、正社員さんが朝怒られた内容のフォローというか実際に行動へ移させ、遅出の業務内容を知らないのに、今までに見聞きしていることを教えたり、「コレとアレについては分からないからあとで正社員さんに聞いて」とパート看護師さんのフォローもしたんです。私よりもたくさん年齢を積み重ねておられるはずなのに、本当に本当に残念なことに仕事ができない2人だったので、2人の愚痴や不満なども傾聴しつつ、私は子どもな私を奮い立たせ、完全に私は出勤5回目の私をベテラン扱いしたのでした。

私、凄い!偉い!!かっこいい!!!

ということで、この日はひょっとしたら救急搬送するかもしれない利用者さんもいたけれど、結局は落ち着いたので、無事に一通りの業務を終えることができました。いやーしかし夜勤者さんが救世主に見えましたよ。人数が一人増えるだけで心強かったですね。

だってね、最後に排泄の締めをしなくちゃ申し送りができないからトイレ誘導をしていたのに、正社員さんから「記録をしてください」と注意されたんです。もうね、私は完全にズコーですよ。あなた達2人が遅出の仕事をしないから私がやってるんですけど。。。だから「いや、トイレしないと記録の締めができないじゃないですかー(嘘涙)」と言うと、夜勤者さんは察して鼻で笑い、気づかない正社員さんが続けて「僕が行くから記録をやってください」と指示をする。でもね、その人だけじゃなくて、他にも連れていきたい人いるんだけど。。。

ということで、もれなく?夜勤者さんがトイレの締めを手伝ってくれました~。そして「私、今日は精一杯やりました」と2回も重ねて申し送りをしましたよ。

戦闘モードで帰宅したかあちゃんは、やはり2時間ぐらい動くことができませんでした。この間、お仕事がお休みの旦那さまにずーっと今日あったことをしゃべり続けましたよ。只今閑散期の旦那さまが私の仕事に合わせて仕事の予定を組んでくれているので、本当に感謝です。娘は、邪魔しないようになのかは分からないけれど、タブレットでゲームを楽しんでいました。だからなんとかかんとかかあちゃんはクールダウンできて、前の日に作った味噌汁に焼くだけのおかずと納豆ご飯を用意することができました。

いやはや。ちょっと慣れてきたときに事故って起こしやすいから、気を引き締めつつ適当にがんばるんばーですね☆

今年のミニトマトさんは順調

今年のミニトマトさんは鈴なり(*˘︶˘*).。.:*♡
minne-IMG_1672.jpg
やっと色づき始めました。

昨日、娘っ子が収穫したミニトマトさん。
minne-IMG_1679.jpg
自分で色を判断して収穫が楽しそうでしたよ(*^^*)

現時点で合計23個の収穫に成功!

脇芽も順調に育って花をつけているので、
今年こそは苗+土+肥料代を回収できるかも(*˘︶˘*).。.:*♡

かあちゃん、4回目の出勤でショックを受ける

仕事、なんとか慣れてきました~。でも今回、完全にショックを受けたのはミキサー食の作り方。


ミキサーへ「副食+多めの水+トロミ材」を投入してスイッチオン♪

コレ、私は絶対に食べたくない(¯―¯٥)

なので、作り方を教えてもらっている最中に「えー?そんなに水をいれるんですかー?美味しくないですよ―」と連呼してしまいました。もうちょっと水を少なくしても作れちゃうでしょ?という感じで、理想と現実のギャップにショックを受けて、「ちょっとショックです」とややフリーズしてしまいました。案の定、利用者さんの食は進みません。

この利用者さんはいつまでミキサー食なんだ?可愛そうなどという疑問と悲しさを飲み込むばかりでした。普通にトロミなしのお茶をムセなく飲んでいたりするよ?施設長にしか変更の権限がないのか、それとも何も考えずに仕事をしているのか。いやはや。もしかして現場上がりの介護福祉士だと判断とか難しいのかなぁ。。。病院からのサマリー的なものがないからとりあえずミキサー食だったはずなのに。。。さてはて、いつ誰がこの食事形態を見直すの?

はぁ~・・・。

きっと新人は、緊急時以外の疑問は飲み込むのが鉄則ですよね。。。

そんなこんなで、業務の中で一番大変なのは食事の用意です。米と味噌汁を用意。おかずは届くので、いい感じに盛り付けしなくちゃならないし、ミキサー食を作らなくちゃならない。これを要領よくこなすことがまだ不可能なんですよね。私は見習い中で3人フタッフがいるから業務が回っているんだろうなぁという実感。まだ4回目。十分良くやっている。。。分かっているんだけど、くそーっと思う自分がいるから、これまたしんどい。

手勝手が慣れないから無駄な動きをいっぱいしてしまって時間がかかる。私だけ看護師だから血糖測定もしなくちゃいけないから、他のスタッフが動き出す時間とは違ってその辺との兼ね合いを考えて動かなくちゃならない。ということで、次は気をつけていこうと思います。

かあちゃん、がんばるんばー☆

かあちゃん、3回目の出勤で思ったこと

つーかーれたー(¯―¯٥)


初日は入所者5人でしたが、今日で8人になりました。そして今日も今日とて頭が煮えましたね。。。携帯は持たず、一通りの業務をさせてもらいました。お風呂は初の3人。ちゃんと時間内に、そして無事に終えることができたのでよしだと思っています。そう、全体的にはOKなんじゃないかなぁと。記録の色分けとかの書き方がもう少し定着しないと無理だけど、なんとかなりそうな雰囲気にはなってきました。

が、

つーかーれたー。゚(゚´Д`゚)゚。

今日教えてもらったスタッフには「職人?」と聞かれ、新しく会ったスタッフには「バリバリでしょ?」と言われました。ええ、以前の私は、職人としてバリバリと働いていました。でも今は無理ー。だからどうにかして仕事後に家事ができなくなるくらい疲れてしまう現状を改善しなくては。今日の晩ごはんはカップラーメン。それにプラスして娘が幼稚園で収穫したピーマンを炒めたおかずのみでしたよ。もうね、動けなかったです。再就職してたったの3回しか出勤していないけれど、世の中の子育て中の兼業主婦の人を改めて尊敬しました。

さてはて、独り立ちっていつまで待ってもらえるんだろう?試用期間中はOKなのかな?うーん、しかし私はパートだぞ?という気持ちはあるんだよね。。。もうちょっとなんかねぇ。とにかく頭がフル回転なのでクールダウンしなくては。そう。眠い、眠いぞ。とりあえず今日の出力は終わり!適当にがんばるんばー☆

かあちゃん、2回目の出勤で試練を乗り越える

先週の土曜日からお風邪さまになった娘。一日であっさりと鼻水がなくなったので、今回は軽いのかなぁと思っていたら、昨夜は多い咳&38℃代の発熱がみられ、夜間は咳のせいで嘔吐したりしました~。ええ、かあちゃんはトータル3時間程の睡眠でしたよ。。。まぁ幸いにも、昨日は旦那さまの夜の仕事が1件なくなったのでゆったりとした夜を過ごせたあとの発熱だったし、今日は旦那さまが日程調整をこっそりとしてくれていてお仕事がお休みの日だったので、旦那さまも夜中に起きてお世話に協力してくれたので、なんとかかんとか心配な娘を置いて出勤することができました。

やはり出勤してすぐに動機がしましたね。寝不足はいかんです。でもしょうがない。今日は色々と正社員2年目さんにチェックを入れてもらいながら、初日にはできなかった申し送りまでやることができました。あ、携帯は持ちませんでしたが、なんとかかんとか業務をこなしましたよ。でもね、失敗もしちゃったんですよ。一つは風呂の排水口の取り付けを間違えて網がなくなっちゃったことで、施設長に報告をしました。もう一つは新入所さんの感染注意の申し送りを忘れて、夜勤の人へ電話をいれました。もう、完全に落ち込んでしまいましたよ。いくら試用期間とはいえね、2回目だけどね、正社員さんのチェックが抜けてたとはいえね、そこ、看護師として忘れちゃいかんだろうっていう。。。しょうがない(¯―¯٥)

昼ごはん休憩、よく食べる私もさすがにご飯を残しました。HSPはスイッチ切るの大事ですね。娘が心配だったので外で電話をしました。2人の声を聞いたらちょっぴりホッとしたかな。娘は朝ごはんを食べた後に、痰とかをたくさん吐いたらしいけれど、それ以降は落ち着いて過ごせていたようです。あと4時間したら帰れる。娘に会える。。。そう思って頑張りました。

いやーしかし本当に人手不足なんでしょうね。皆さんからは「とにかく続けて来て欲しい」と言われています。私は頭の片隅で無理かもとは思っていますが、とにかく今はひたすら覚えるのみ。分からないことを堂々と聞けるのは今しかないと言い聞かせています。記録の書き方、色分けが細かすぎてまだ覚えきらないし、2回目だけど利用者さんの全体像を把握できていません。その場しのぎの対応はできても、これでは微妙だよなぁと感じています。今日はちょこっと処方箋の情報収集ができたのみ。こんなんで週2でやっていけるのか?と、まだ2回目だけどやはり不安でいっぱいなのです。

仕事から帰宅して、風呂に入って、バタンと倒れてゴロゴロと2時間があっという間に過ぎてしまいました。今日は旦那さまがいるからできること。でもスイッチが切れないのでたいして回復しませんでした。娘の「お腹空いた」になんとか少し動きましたが、やはりご飯を用意する気力も体力も残っておらず、前の日に作っていた味噌汁とお昼用に作っていたおじやの残りを旦那さまに温め直してもらって、そこにレンジのフライドポテトとミニトマトを付けた、むっちゃ適当晩ごはん。娘のお風呂も旦那さまにしてもらって、こんなんでこれからやっていけるのだろうか。。。

今回は久々に大きなお風邪さまだったけれど、幸い、喘鳴が聞こえるような感じにはならず、今夜は落ち着いて眠ることができています。明日にはもう少し良くなっているかな。もう、ごちゃごちゃとりとめのない文章を書いて消化中。明々後日までにもうちょっとアンチョコをまとめたり、ノートの使い方を考えたりしなくちゃ。できるだけ働きやすいように。2人が寝た後の静かな時間は大事かも。そしてかあちゃんはお風邪さまだけど、がんばるんばー☆

かあちゃん、初出勤してきました

ええ、帰宅後、娘と2人キリだというのに精一杯堪えても涙は出ちゃいました。それでもなんとか理性で3時間耐え、旦那さまが帰宅してすぐに大泣きしてのた打ち回りました(๑´•.̫ • `๑)


そんなかあちゃんの様子を見た娘は冷静に「かあちゃん疲れてるって。とうちゃんまだかな?って何回か言ってた。あと、私にごめんって言ってた。」と、とうちゃんへ報告してくれました。旦那さまは娘をねぎらって甘えさせます。そして旦那さまは「かあちゃんは初めて幼稚園から帰ってきた赤ちゃんみたいじゃなぁ」と言い、娘は「しょうがない、辛かったんよ」と言っていました。かあちゃんのせいで早くから大人な面を発揮しなくてはならない娘には申し訳ないけれど、本当にできた娘だし、娘には家族というものを教えることができているなぁと思っていて、2人に感謝です。

さてと、職場の人手不足からなのか、私への期待からなのか、色んなことが絡んでいて何からかは知らないけれど、施設長から直々のご指導もあって、ありえないほどの情報量を頂き、更に自分でも自動モードで拾っちゃうし、利用者さんへの対応もできちゃうので、午後の記録をして、最終的には申し送りまでしようということになりました。あ、ピッチは拒否して持ちませんでしたが。でもね、私は何度か、今日は利用者さんのことは観ているけど、顔と名前が一致しにくくて記憶が残りにくいから無理というニュアンスで伝えていたんです。で、申し送りもやんわりと断るのですが、押し切られるのでやってみると、始まってすぐにキャパオーバーで情報の海に飲み込まれたらしく、一人目の「あれ?この人お風呂にいれたっけ?」と発言し一瞬フリーズ。それを受けて施設長はすぐに申し送りを交代してくれましたが、あとから思うに、

私は週2のパートなんですけど・・・と。

とりあえず私がする一通りの業務や物品の場所など、ある程度ひとりでも困らないように把握はできたのですが、まさか初日なのにこんなにも情報の海にさらされるとは思っておらず、そもそもの場慣れの時間とか、施設のやり方とか、看護記録と介護記録の書き方の違いとか、とにかく情報収集の時間とかもらえなくて、本当に「えー!!!」という感じでした。

初出勤の人間に申し送りまでさせようとするなんて、いくら施設長監修のもととはいえパワハラとしか思えない!!!とは言い切れない人柄の方だったので、完全に参りましたね。なんか途中で「慣れてきたら一人だけ受け持ってもらおうと思っている」とか言われて、「いやいやいや。いやーそれは今は聞かなかったことにします」って言い切っちゃいました。週2のパートだよ?私には責任持てないよ。普通そうだよね?

いやはや。

今回、私は4箇所目の就職先になったのですが、初出勤でこんな状況は初めてでした。そして申し送り後、そこにいたスタッフに「この子はできるから、次からはこの子の思うように、やりたいことをさせてあげたら良いから。フォローして。」って言うんです。もちろん私に対しては自発的に動けという含みもあるんだと思うのですが、次の出勤は金曜日ですよ。4日も開くんですよ。パートですよ。8月の勤務からは独り立ちの予定なのですが、それまであと6回しか出勤しないんですよね。もちろん独り立ちへのスピード感が必要な感じも分かるんですが、私、初日だったんですよ?私はパートですよ?っと、何度も頭の中をグルグルしていました。そして今もしています。でもね、日勤がなくて(人が少なくて?)早出が日中のメインっていうことを今日知ったから、もう、それはしょうがないなぁて諦めました。全てはお金のため、娘のためです。

ということで、ずーっと「私はパートですが」が頭の中を付きまとっていますが、とりあえずやんわりとではニュアンスを汲み取れない施設長なので、本当にできないことはハッキリとできないことを伝えるべし!ですね。それは利用者さん、スタッフ、施設を守ることにも繋がる。うん、なのでもう一度打診があったら受け持ちの件は断ろうと思います。

あともう一つ、利用者さんとか困っている人を見ると何かしてあげたくなる性分なので、できたら週2でもひとりスタッフが増えた分くらい利用者さんの生活の質を上げてあげたい。でもそれをするにはスタッフとの関係づくりのほうが先だし、そもそもスタッフも困っている人なのだと思うようにしたら、今までみたいにビクビクせずに仕事ができるような気がします。

だってね、施設長さん「今日は事務所に入って仕事ができた」って一言あったんですよ。たぶん電話とかされてたから施設長としての仕事がちょっと集中してできたということだと感じたんですよね。普段は日々の業務が忙しくて時間外とかにされてるのかな?とか、時間外じゃないにしても色々と気にしてイライラしてされてるのかな?って。ハイテンションぎみで「私はよく気がつくんよ」って口癖のように言っていたので、それは自負でもあるけれど、みんなの落ち度をなんとか大きくならない内に拾って歩いてる施設長というような印象を受けました。

何故か面接日の帰り道に経営者さんから頂いた教えと応援、そして施設長はまとめようとする力はあるけれど、もうちょっと思慮深くあって欲しいという愚痴を頂いていました。そして初出勤を終えて、あー経営者さんの言っていた通りだったなぁとは思ったけれど、もしかしたら忙しすぎて思慮深くなる時間がないのかもしれない。何故かって、事務仕事した直後のハイテンションでない施設長の一面が見えたから。何故、私ができそうだからと申し送りまで押し切ろうとしたのか。何回も言われていた「あなたはパートだから記録の書き方とかきっちりとは求めないけど(細かいことには目をつむるから)、とにかく末永く来て欲しい」は、たぶん施設長の本音な気がしてきた。だから、そう、パートだからこそスタッフを助ける気持ちを大きく持てたら、私にとって働きすい職場になるんだと思いました。

初出勤は情報の海で大泣きしてのた打ち回ったけれど、次の出勤は軽減するだろうし、うん、きっとなんとかなるだろう。と、子どもな私に言い聞かせています。娘にね、大人な私を見せてあげたいから、何度も大泣きしてのた打ち回ったとしても、ここでヘコタレル訳にはいかないのです。

教育費を貯めるぞ!
えい、えい、おー!!!

あたらしい
かあちゃん、6回目の出勤で来月からは独り立ち確定。 Jul 16, 2019
4歳~。幼稚園で借りた絵本リスト Jul 15, 2019
かあちゃん、5回目の出勤で独り立ち予行演習? Jul 12, 2019
今年のミニトマトさんは順調 Jul 11, 2019
かあちゃん、4回目の出勤でショックを受ける Jul 11, 2019
こめんと
かてごり
ふるい
このみあれやこれやりんく
かうんたー