まるっとゆめ♪note 心配の押し売りをするお節介おばちゃん
FC2ブログ



毒親育ち×HSPによる子育て備忘録。時々、解毒剤&中和剤制作中♪ リンクフリー(*˘︶˘*).。.:*♡

Prev  «  [ 2020/02 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  » Next
ぷろふぃーる
5歳の女の子のかあちゃん
  「ゆめ」です(*˘︶˘*).。.:*♡

このブログは育児のことをメインに、人生において「学ぶべきものはナニカ」について「誰かのナニカの足しになれば」と、自分の考えていることを発信中。

かあちゃんは「真面目でチャランポラン」になることを目指し、「まるっと」人を包むような優しさを持ち合わせていけたらなぁと思っています♪

【生息地】
晴れの国おかやま

【家族構成】
旦那(非HSP)、私(HSP)、娘(HSC)

【座右の名】
学ぶべきものはナニカ

【趣味】
手芸、歌、家庭菜園、子育て、ブログ

↓フォロー&「いいね」してね♪

「hino cafe ♪ telier 」
↑私のお店でお買い物してね♪

「note」
↑私のnoteに投げ銭してね♪

どうぞ宜しくお願いします_(._.)_

since 2017.1.26
さくひんしゅう
こそだてぎょうじとらのまき
我が家の行事日記をまとめてみました。多くのかあちゃんたちのナニカの足しになればと記事にしてみました。長文注意。
こそだてかんごとらのまき
悩みは尽きない子育て中に困ったカラダのこと。多くのかあちゃんたちのナニカの足しになればと記事にしてみました。長文注意。
ずぼらりょうりれしぴとらのまき
作り方は手抜きですが美味しいです。ズボラになりたい人のナニカの足しになれたらと記事にしました。長文注意。

心配の押し売りをするお節介おばちゃん

旦那さまとの縁が切れていたときも、「なんとなくいつも同じ距離」にいてくれた腐れ縁の仲間たちのことを、できるかぎり大事にしたいと思っています。だから人生で何かしらの難易度の高い問題を抱えていると感じると、どうしてもほっとけなくて、ついつい私は「心配の押し売り」をしてしまいます。そして押し売りをしたあとに、これしか私にはできることがないと実感してしまうので、傲慢な私がいるせいで少しだけ不甲斐なさが漂います。


その人の人生はその人のものだから、その人自身がどうにかするしかなくて、人生においての「生きる意味」なんて持っても持たなくても良いんだけれど、でもその正解は、色んな人との縁を通して自分で考えながら、見つけたり作ったりするものだと知っているから、今、苦しんでいることは仕方のないことだと思いつつも、ちょっとでもその苦痛が和らいだらと、「ナニカ、私にしかできないことはないか」と、その人とのことを思い馳せてしまいます。

おー句読点が凄い(✽ ゚д゚ ✽)

結局、私が苦しんでいた時と同様に、「なんとなくいつも同じ距離にいる」ことと、ただ自分の人生を楽しむだけです。今は、娘を育て上げる、フェルトのおもちゃ作り、コンサート開催の3つを主軸に「未来への種まき」が楽しいかな♪

年々、おばちゃんになるにつれて、誰かれ構わずお節介度が増してきている私ですが、どうか皆がココロ穏やかに、そして幸せに過ごせますように。そして私との縁を、今後も腐らせていって欲しいなぁと思っているので、こんなにもダークなブログを書いたりする私ですが、今後とも宜しくです(^^)って、読んでくれているか分からないけれど。

そしてブログを書いて、ある疑問がココロの中に湧きました。

「どうして私はこんなにも、誰かれ構わず縁ができた人には「心配の押し売り」をしてしまうのか」

お節介だからとか、奇特だからとか、持って生まれた性格だからとかでも理由は良いのかも知れないけれど、それは根本ではない。たぶん、かつて「死にたい病」で発狂しそうだった時に、私が「心配の押し売り」をして欲しかったのに、誰からもされなかったからです。そりゃー誰もしてくれなくて当然でした。私がそういう生き方をしていたのだから。

旦那さまと縁が切れてから知り合った人たちからは「○○は強いから独りで生きていける」と言われていました。内心「そんなことはない!」とココロで泣きながら、ココロはズタズタのボロボロで、でも「劣等感というプライド」だけが私のココロを支え、私という人間を、誰にもバレない程の「普通」を取り繕っていました。

あーだから独りで苦しんでいたときの私を救ってやろうしているんだー。

「心配の押し売り」をすることで、他の人に迷惑をかけたり、悪化させている可能性を知りながらも、心配することは正義とでも自分に勘違いをさせながら、過去の私を救っている。それは、私が今よりももっと「楽」に生きれるようになるために、私の未来のための作業なのだと気が付きました。

おー私は相変わらずダークですねー。

まー最近は全く縁がない人でも、トイレとかで困っている老人や迷子の子どもとか、ついつい声かけたりしてしまうし、声をかけないときはさりげなく最後まで見守ってしまったりするので、きっと「奇特な人」になれたのかなぁと思いますw

hino cafe (minne) ←お時間のある方は、是非、遊びに来てください♪

スポンサーサイト



C

omment

P

ost omment


あたらしい
5歳の女の子、小学校入学説明会 Feb 05, 2020
5歳の女の子、まだまだ寝る前の抱っこは必要らしい Feb 03, 2020
5歳の女の子、新しい掃除機を楽しむ Feb 02, 2020
かあちゃん、命を預かってるんでね。。。 Jan 15, 2020
2020年、明けてましたね(*˘︶˘*).。.:*♡ Jan 13, 2020
こめんと
かてごり
ふるい
このみあれやこれやりんく
かうんたー