まるっとゆめ♪note 毒親はアウフヘーベンできません
FC2ブログ



毒親育ち×HSPによる子育て備忘録。時々、解毒剤&中和剤制作中♪ リンクフリー(*˘︶˘*).。.:*♡

Prev  «  [ 2020/02 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  » Next
ぷろふぃーる
5歳の女の子のかあちゃん
  「ゆめ」です(*˘︶˘*).。.:*♡

このブログは育児のことをメインに、人生において「学ぶべきものはナニカ」について「誰かのナニカの足しになれば」と、自分の考えていることを発信中。

かあちゃんは「真面目でチャランポラン」になることを目指し、「まるっと」人を包むような優しさを持ち合わせていけたらなぁと思っています♪

【生息地】
晴れの国おかやま

【家族構成】
旦那(非HSP)、私(HSP)、娘(HSC)

【座右の名】
学ぶべきものはナニカ

【趣味】
手芸、歌、家庭菜園、子育て、ブログ

↓フォロー&「いいね」してね♪

「hino cafe ♪ telier 」
↑私のお店でお買い物してね♪

「note」
↑私のnoteに投げ銭してね♪

どうぞ宜しくお願いします_(._.)_

since 2017.1.26
さくひんしゅう
こそだてぎょうじとらのまき
我が家の行事日記をまとめてみました。多くのかあちゃんたちのナニカの足しになればと記事にしてみました。長文注意。
こそだてかんごとらのまき
悩みは尽きない子育て中に困ったカラダのこと。多くのかあちゃんたちのナニカの足しになればと記事にしてみました。長文注意。
ずぼらりょうりれしぴとらのまき
作り方は手抜きですが美味しいです。ズボラになりたい人のナニカの足しになれたらと記事にしました。長文注意。

毒親はアウフヘーベンできません

2日前、母親から午後3時前に電話がありました。


母:「ぶどうを貰ったから取りに来ないか?」
私:「今から?ムリだよ。持ってきてw」
母:「じゃあ、明日持って行くわー」
私:「明日は海にカニを戻しに行くからムリ。午後だったらいいけど。」
母:「ちょっとだけ行くのもたいぎいなーそのままこっちに来てくれたら」
私:「いやいや海と反対方向だからムリだよ。じゃあ今から来てくれたら?」
母:「歳をとってから、夜に運転するのが大変になったから・・・明日、来れんの?」
私:「いやームリやなー」

こんなやり取りをして、孫と話をして、普通に電話を切りました。前回の帰省から2ヶ月経ったし、たぶんゲームが一段落したのもあって連絡してきたのだろう。面倒くさいけど、また折を見て帰らんといけんかなぁ、でも面倒くさいなぁと思っていました。

そして今日、母親から午後17時頃に電話がありました。

母:「本当に帰って来れんの?」
私:「えームリだよー」
母:「せっかくいいブドウを貰ったから、○○(孫)に食べさせてやろうと思ったのに・・・」
私:「そんなこと言われても困るし。うーん・・・他に何かあるん?」
母:「それならもうこっちで処分せんといけんのんじゃな・・・」
私:「うん。そうじゃなぁ・・・」

毒親は、開口一番からボソボソと言いにくそうな、辛そうな、怒ったような声でした。こんなやり取りをして、「何故、私が悪者なんだ」と吐き気を覚えました。実家から我が家までの距離は1時間程。そんなに孫に食べさせたい、会いたいとか思うのなら、自分で来いよと思うわけです。いつもできない言い訳を並べたり、できないことを助けるのが当たり前というような言い方だったり、歳をとって可哀想だと思わせるような老いを利用した言い回しだったり。こんなことがあると私は母親に嫌気がさすばかり。

我が家には我が家の事情や都合があるわけで、それでも空いている時間を教えたりして対応しているし、関わるだけで私は毒されるんだから、「便りのないのが良い便り」ぐらいに、本当は拒絶したい気持ちが大きい。でも毒親のために世間一般の責務を果たしてやろうと努力しているし、それは娘のためにもなると思っているから、自分で責務の範囲を選択してはいるのだけれど、それすら億劫になってくる。そして本当にその責務が必要なのかと疑問を持ち、非情な私を隠しきれず、私を責めてしまう。毒祖母の影響を考えると、娘のためにすらならないかもしれないとも思えてくる。「非情な私を選びたい」とココロは叫んでいますが、「アウフヘーベン」できる魔法雫を飲み干したいという私がいるので頑張ってます。いや毒親に飲ませるべきか・・・って毒親には効果ないと断言できる毒親の恐ろしさ。にゃははー。

今日、初めて知った「アウフヘーベン」という単語を無理やり使ってみましたwどんな感じで国政が動くか面白そうですね☆

さて、毒親のココロと私のココロを分けて考えることはできるけれど、消化に1時間もかかるなんて、もう少し自分のココロを軽くあしらえるくらいに強くなりたいなぁと思っています。結局、ブログで文章化しながら萎えピーマンが完成するまで、つまり「私は間違っていない。あー疲れた~」と自信が持てるまで3時間かかりました。その間、私のココロと娘のココロをきちんと分けてやらないといけないので、娘が自分のせいだと思わないように対処してやらなくてはいけません。

私:「ばーばがブドウを取りに来てっていうけど、行けれんっていったら、がっかりしてたよ。行けれんのじゃけーしょーがないがなー」
娘:「そー言ってやるなぁ―。ばーばにも色々あるんよー。しょーがない」
私:「かあちゃんは疲れたー生理中だからかなぁ」
娘:「そうかもしれんねー」

とりあえず「生理中でしんどい」ということにして、ブログを書いたりして育児を最低限にして休んでいます。かあちゃんが萎えピーマンだと娘がシッカリしてくれます。本当にできた娘です。

私:「かあちゃんは、地球とココロがピッタリになってないからしんどいんよ」
娘:「んーなら、私の地球を分けてあげる」

優しくて冷静な声でそう言って慰めてくれる娘に感動し、ちょっぴり甘えながらも、胃部不快、肩も背中もストレスでバキバキのかあちゃん。はぁ~情けない・・・完全に大した話ではないので、トラウマ的に死にたい思考にスイッチが入ることなく、あっという間に萎えピーマンになれる術を身に着けたいなぁと思っています。会得できるまでもうちょっとな気がするんだけどなぁ☆

※追記※
旦那さまが仕事から帰宅。「やっと帰ってきた~♪」と、ホッとしている自分がいました。旦那さまの顔を見てココロ持ちが回復。ブログを読んでもらうことで説明をしたら、私の負を瞬殺してくれました。この瞬殺のされ具合、今までで一番早かったように思います。たぶん、毒親との負は、自分でほとんど消化できていたんだと思います。それとは別に、萎えピーマンになっているかあちゃんだとシッカリする娘に大して、コレは母親として大丈夫なのだろうかという不安でココロが重たかった。やっぱりね、連鎖しないように心がけていても、無自覚に刷り込まれた部分って、理性ではどうにもならないことも、意識できないこともあるので、娘に対して上手くできているかなぁっていう不安がつきまとうんですよね。そこを旦那さまが補ってくれている。もうこの時点で、毒親とはかけ離れて違う環境で育っている娘なので、大丈夫だと分かってはいるんですけどね。いやーしかし、この立ち直り具合は過去最速な印象。私はまた楽に生きれるようになったんだと思いますv(´∀`*v)ピース

hino cafe (minne) ←お時間のある方は、是非、遊びに来てください♪

スポンサーサイト



C

omment

P

ost omment


あたらしい
5歳の女の子、小学校入学説明会 Feb 05, 2020
5歳の女の子、まだまだ寝る前の抱っこは必要らしい Feb 03, 2020
5歳の女の子、新しい掃除機を楽しむ Feb 02, 2020
かあちゃん、命を預かってるんでね。。。 Jan 15, 2020
2020年、明けてましたね(*˘︶˘*).。.:*♡ Jan 13, 2020
こめんと
かてごり
ふるい
このみあれやこれやりんく
かうんたー