まるっとゆめ♪note この日が「最期」であって欲しいと願う娘
FC2ブログ



毒親育ち×HSPによる子育て備忘録。時々、解毒剤&中和剤制作中♪ リンクフリー(*˘︶˘*).。.:*♡

Prev  «  [ 2019/02 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  » Next
ぷろふぃーる
4歳の女の子のハンドメイドかあちゃん
  「ゆめ」です(*˘︶˘*).。.:*♡

「ブログが新しく生まれ変わりました」

このブログでは育児のことをメインに、人生において「学ぶべきものはナニカ」について「誰かのナニカの足しになれば」と、自分の考えていることを発信中。
自身がもっと「楽」に生きていけれるように、また娘への負の世代連鎖を断ち切ることも目的とした備忘録になります。
かあちゃんは「真面目でチャランポラン」になることを目指し、「まるっと」人を包むような優しさを持ち合わせていけたらなぁと思っています♪

「more ぷろふぃーる」
My Favorite Things.時々更新してます。

私のやりたいことは「未来への種まき」♪
コメントを頂けるととっても喜びます!
リンクフリー。
皆さまのブログでも応援して下さい♪

↓お店のことをメインにつぶやき中(*^^*) ↑フォローしてください♡

育児に奮闘しながら、息抜きにチクチク&アミアミ。基本的に娘が喜んで遊んだものを、他の子どもちゃん達にもおすそ分けしたい気持ちから、フェルトのおもちゃを「hino cafe♪telier (minne)」 で販売中。是非、遊びに来てくださいね♪

どうぞ宜しくお願い致します_(._.)_
since 2017.1.26
さくひんしゅう
こそだてぎょうじとらのまき
我が家の行事日記をまとめてみました。多くのかあちゃんたちのナニカの足しになればと記事にしてみました。長文注意。
こそだてかんごとらのまき
悩みは尽きない子育て中に困ったカラダのこと。多くのかあちゃんたちのナニカの足しになればと記事にしてみました。長文注意。
ずぼらりょうりれしぴとらのまき
作り方は手抜きですが美味しいです。ズボラになりたい人のナニカの足しになれたらと記事にしました。長文注意。
ココロのかんごとらのまき
生きにくさを感じる人のナニカの足しになれたらと記事にしてみました。育児中の人にも読んで欲しいかもです。長文注意。
どくおやたいしょとらのまき
親を尊敬する必要はない。親が嫌い。でも見捨てはしません。毒親に育てられた私のココロの処世術を記事にしています。長文注意。

この日が「最期」であって欲しいと願う娘

毎度ながら、多くの方にスルー推奨ですm(_ _)m



この5日程、そこそこ絶好調なかあちゃんです(゚∀゚)

というのも、先日の敬老の日に「ぶどうが届いたから持っていってあげる」と毒母が来ました。実家の豪雨被害の片付けにほぼ決着がつき、一応、私たちに対するお礼のつもりと、孫の大好きなぶどうなので「持っていってあげる」と、いつものように恩着せがましく電話口で言っていましたが、とにかく、この日は「超×100」がつくほどに機嫌が良かったのですw

お陰様で、いつものように毒母の毒は、私にとって良いことも悪いことも「毒」には違いないけれど、そこは前回のような同じ轍は踏まないようにしていたのでなんとか大丈夫でした。でも機嫌の良い毒母には「もっといて欲しい、もっと構って欲しい」と感じてしまう幼い自分がひょっこりと出てきてしまうので、その気持ちを殺さないようにしつつ、幼い自分を慰めながら大人として振る舞うことは、やはり労力がいるので疲れました。いやー娘としての私って悲しい生き物なんですよね。。。

ま、何はともあれ、毒母が機嫌良く帰路についたというだけで、私も気分がよく過ごせているという感じなのでしょうが、毒母の態度によって私のココロ持ちの振り回されている感が半端ないのはお分かり頂けますでしょうか。これが「毒」です。毒母の所有物として「私」が存在している歴史が今も続いているのです。早く「楽」に毒母を手のひらで転がせるようになりたいものですね。

ところで娘は凄かったんですよ!前回のことで「かあちゃんのばーばは遊び相手をしてくれるようなばーばではない」ということを悟ったようで、旦那さまのように「ひょーひょー(゚∀゚)(飄々)」と過ごしていました。「もしかしたらマリオならばーばもしてくれるかもしれない。。。」とは思っていたようですが、ばーばも機嫌が良いもんだから「これから車を運転して帰らないといけんけー疲れるからマリオはせんよー」と、きちんと娘に説明することができていました。機嫌の良いときの毒母の発言にはフォローを入れることが少なくて済むので、毒母を育て直した甲斐は少しあったような気もしました。

さて本題。

いえね、このまま、今回の「機嫌良い母」が最後の姿として記憶になるとしたら、どんなに素敵なことだろうと思ったのです。私の気分も良いままに毒母の寿命が急に縮まって「最期」になればいいのに。。。というのが、やはり本音です。今、この瞬間だったなら、私は「母」が亡くなったことについて、「普通の人と同じような涙を流せるのではないか」と思っちゃう訳ですよ。いや、まぁ、もうこの時点で普通ではないのですけどね。考えるだけ無駄なことを考えてしまうのが人間の性なのでしょう。「取るに足らない余所のおばちゃん」と烙印は押したものの、豪雨被害のことを割り引いて、「香川への移住」の慎重に見極めをしていかなくてはならないなぁと、「人」として毒親に情けをかけたほうがカッコいいかなぁと思っている次第であります。

あーこのままお正月くらいまで音沙汰がなければいいのになー☆

hino cafe ♪ telier(minne) ← 是非、遊びに来てください♪

スポンサーサイト

C

omment

P

ost omment


あたらしい
娘との自覚的な同一化は、子どもな私の育てなおしになる Feb 23, 2019
毒親関連の話をnoteに書き始めてみました Feb 22, 2019
娘の乳歯が抜けて思うこと&母のこと Feb 20, 2019
4歳の女の子、初めて歯が抜けました Feb 20, 2019
4歳の女の子、来年度のPTA役員決め Feb 15, 2019
4歳の女の子、2019バレンタイン Feb 14, 2019
4歳の女の子、参観日の愚痴 Feb 13, 2019
4歳の女の子、念願の初雪 Feb 11, 2019
4歳の女の子、おままごと用の新しいコップ Feb 10, 2019
4歳の女の子、大きくなることへの不安 歯の生え変わり Feb 09, 2019
こめんと
かてごり
ふるい
このみあれやこれやりんく
かうんたー