まるっとゆめ♪note 合唱。2018年オータムコンサートの本番当日
FC2ブログ



毒親育ち×HSPによる子育て備忘録。時々、解毒剤&中和剤制作中♪ リンクフリー(*˘︶˘*).。.:*♡

Prev  «  [ 2019/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
ぷろふぃーる
5歳の女の子のかあちゃん
  「ゆめ」です(*˘︶˘*).。.:*♡

このブログは育児のことをメインに、人生において「学ぶべきものはナニカ」について「誰かのナニカの足しになれば」と、自分の考えていることを発信中。

かあちゃんは「真面目でチャランポラン」になることを目指し、「まるっと」人を包むような優しさを持ち合わせていけたらなぁと思っています♪

「more ぷろふぃーる」
My Favorite Things.時々更新してます。

↓フォロー&「いいね」してね♪

「hino cafe ♪ telier 」
↑私のお店でお買い物してね♪

「note」
↑私のnoteに投げ銭してね♪

どうぞ宜しくお願いします_(._.)_

since 2017.1.26
さくひんしゅう
こそだてぎょうじとらのまき
我が家の行事日記をまとめてみました。多くのかあちゃんたちのナニカの足しになればと記事にしてみました。長文注意。
こそだてかんごとらのまき
悩みは尽きない子育て中に困ったカラダのこと。多くのかあちゃんたちのナニカの足しになればと記事にしてみました。長文注意。
ずぼらりょうりれしぴとらのまき
作り方は手抜きですが美味しいです。ズボラになりたい人のナニカの足しになれたらと記事にしました。長文注意。

合唱。2018年オータムコンサートの本番当日

夜中の0時を過ぎて眠りについた私は、娘に2時頃には起こされました。


「37.8℃」

少し寝汗をかきました。でも鼻水が凄いし、鼻は詰まってるし、咳が出始めるしで、娘は起きて鼻をかみ愚図ってはまた眠っての繰り返しでした。当然、かあちゃんは朝まであまり眠れませんでした。娘もかあちゃんも、前日の疲れも引きずってけちょんけちょん。私は「もう明日は諦めよう」と言い聞かせては、それでも寝汗をかいているから、ギリギリで会場入りをしてコンサートだけは参加できるかもという希望を持ってしまう自分を、親として少しばかり責めました。

娘が眠れるまで寝かせようと思い静かに過ごしていると、7時半にはスクッと起き上がりました。鼻水の量に変化はなく、眠れていない分、体調は昨日よりも少し悪そうな印象。娘にとって合唱のことは「私もみんなの仲間だから」というだけあって、娘は「参加したい」という気合で起きました。

「36.9℃」

これは朝ごはんを食べたりしていたらあっさりと熱が上がるなぁと思ったかあちゃんは、娘に「もう今日は休もう。昨日、運動会を頑張ったし、歌の練習もむっちゃ頑張ってくれたからもういいよ」と伝えると、娘が首を横にふって泣きだしました。そこでとうちゃんが「ここで娘が頑張れたならグイッと成長するし、風邪が1日くらい長引くだけだ」と言います。もちろん、かあちゃんも旦那さまの言いたいことは理解できますが、ここで親の都合のために娘へ無理をさせる意味は・・・と、自分の行きたい気持ちを抑えて母親役に徹する私を頑なにさせました。とうちゃんが「まぁもう少し様子をみよう」と言うと娘は泣き止み、朝ごはんを食べました。

「37.1℃」

食後なので熱が上がっているの当然ですが、再びかあちゃんが「休もう」と説得し始めると、部屋の角のほうへ行って座り込んで泣いては、頑なに「頑張りたい」と言い張り続けました。そして娘が起きてから3時間。こんな小さな4歳の体なのに、娘の「がんばりたい」という強い気持ちに「今、かあちゃんが応えなくてどうするんだ」と、娘への心配が合唱の元締めや出演者よりも勝ってしまう母親としてココロを、ついに奮い立たせました。また同時に、娘のココロの強さにかあちゃんは初めて負けてしまいました。私は娘の服を着替えさせ始めます。娘はしっぽを立てて「私は頑張れる。大丈夫だ」という演出と、自分の気持ちを認めてもらえた嬉しさを体中で表現していました。

合唱の本番へ参加するにあたり、娘への負担ができる限り最小限になるように動かなくてはいけません。だから今の娘の気合を、かあちゃんの揺れるココロからくる言動で挫く訳にはいかない。とにかく「自分の娘を信じよう」と言い聞かせて、普段持ち歩くカバンには、義両親でもすぐに使えるように娘の救護セットを用意しました。そしてタイミングを図ったかのように、応援に駆けつけてくれる義両親から電話がありました。孫と美観地区でデートをしようと思ったらしく、お願いしていた時間よりもかなり早くに到着したとのこと。ここで初めて娘が風邪を引いていることを伝えると、「そっちへ行って家で見ようか?」とすぐに言ってくれます。でも娘の望みは、親のことだけでなく「みんなのためにも頑張りたい」なので美観地区に行って合唱の本番に参加することです。旦那さまは「(娘が)頑張りたいって言ってるから」と伝えると、義両親はスーッと孫への心配な気持ちを引っ込ませて、私たちが連れて行くことへの文句や親としてのあり方を責めたりすることもなく、一瞬で私たち家族を援護する側に回ってくれました。このときは本当に、本当に、毒親とは違った優しさに触れたので、言葉にならなかったですね。。。

全部の用意を終え、娘は車の中の方がスイッチを切れるので、11時前には出発することにしました。車のガソリンを入れ、お昼ご飯を調達して食べてから、娘は30分くらい眠ることができました。12時すぎくらいに美観地区へ到着し、抱っこで会場へ向かっている途中で義両親と合流。お義父さんがすぐに抱っこを代わってくれて、会場内へ入りました。みんなは時間が押している中、最後の追い込みをしています。娘はしっかりとやる気モード。じーじとばーばに会えて嬉しいのか、かあちゃんを近づこうともしません。なのでサクッと会場の準備をして、みんながすぐに休憩へ入れるよう、手の空いている仲間としました。

そして会場へ戻るとピアノ伴奏がついた『走る川』の合わせをしていたので、それに参加しました。歌い終わった次の瞬間、同じソプラノの2人が「たけみつの・・・リズムが・・・早く・・・したんよ!」と言葉が聞き取れないくらいの勢いで、同時に話しかけてきました。私には何を言っていたかは正確に分かりませんが、とにかくみんなの苦手意識の高い「たけみつ」について、何かリズムの変更があったからと一生懸命に教えてくれたらしい。でも娘がいつまで気力が持つかも測れなかったので、コンサートが破綻しないように願ってした私の発言は、「(前日に)全体でまとまりが出ていたから、できるだけ2人の声に沿うように歌うから。声を張ったりして歌ったりしないから。もしかしたらココに立てるかどうかは分からないので」と言うと、先生がしっかりと相槌を打ってくれていて、そしてこの話から不安が広がらないように、空気を切り上げるように「私たちはココへ立たせて頂いているんだから」と一言だけみんなに言い、最後の曲である「COSMOS」の仕上げをしました。

みんなは休憩に入ろうとします。でもまだひとつだけ決まっていない懸念事項がありました。それは私が音を釣られてしまう可能性大の『上を向いて歩こう』についてでした。私、音に釣られやすいので、声を合わせて耳がなれるまでに時間がかかるタイプです。だから主線を歌ったり、ハミングで入ったりはできますが、ハモるのが苦手。しかもこの曲のように低い音の周辺でハモるのはもっと苦手。だから最悪、釣られるところはメゾに入るしかないと考えていましたが、もうひとりソプラノがいるので、この曲だけはしっかりと音取りをして欲しいとお願いしていました。「私はひとりではない」というココロ持ちなら、釣られることなく歌える可能性が上がるので・・・でも、直前練習の合わせは想像以上にさっぱりだったようです。私が参加できない可能性も考えて代案をやってみたものの、上手く行かなかったという印象を話してくれました。そして私は前日の夜に考えていた最終手段を旦那さまにお願いしました。

旦那さまの裏声による「人間音源」でした(゚∀゚)

いやー旦那さま、裏声を出すのが得意なんですよ。そこそこ綺麗な声ですwで、練習過程で私が音取りしているときに一緒に歌ってたりするので、本番に動じない旦那さまが「人間音源」をするのは可能だと思ったんですよ。声が目立たないように、私が歌声で隠せば良いと思った。ただ問題は歌うときの並び方ですが、ここでまた妙案が思いつきます!ちょうど最後だけ男声が女声の歌に合流する形にしていたので、旦那さまはソプラノ側に立つことへの違和感がお客さん的にもないことに気が付きました。

旦那さまの「人間音源」があるなら確実に成功する!

旦那さまが軽く音取りをします。そして本番30分前に、これでコンサート成功までの流れが確実なものになりました。あとはみんなの集中力次第。そう思っていると、急遽、譜めくりを引き受けてくださった先輩が、お子さんといっしょにやって来ました。

さていよいよです。プログラムに沿って感想を書いてみますね☆

【第1部】
♪RAIN
2018合唱コンサート① 
歌い出しの「魔法はいつか~」の「ま」が、私の隣にいた本場に強い1人と私しか出られませんでしたwでも上手いことみんなが合流してきたので、私もそれを感じて「ま」の出だしの違和感が減るように、私の声量を調整しながら合わせていけました。冷静な自分に感動!最後にはちゃんと雨上がりの虹がかかるような空気感のあるハミングになったと思っています。

♪ドラえもん輪唱&夢を叶えてドラえもん
2018合唱コンサート② 
アニメと同じように「ドラえもんの輪唱」を歌ってからピアノが入り、夢やひみつ道具を自分たちにも届けるつもりで歌ったら、最後はダレそうなところも素敵なノリで歌い切ることができました。団のムードメーカーと男声は、ひみつ道具を叫びました。写真はちょうど「四次元ポケット」のところですねw

♪なんでもないや
これは去年も歌ったのでクオリティが上がりました。自分の歌声のレベルUPにも感動wみんなを包んでる!

【第2部】
そもそもパートが足りてないので、出せない音を削ったりするところから始まりました。直前練習でなんとか形になった「たけみつ」。合計4回の合わせですが、私は前日も直前も練習に参加できなかったので、3曲とも破綻しないように、響きを加えるというサポート役に徹することにしました。あとから思うと、本気で歌えばよかったかなぁという後悔がちょっぴりありました。ちなみに懇親会では、先生の本番での評価は「2歩進んだ」だったそうですよ♪それで十分(*^^*)

♪小さな空
♪島へ
♪○と△のうた

とにかくみんなの苦手意識が強かったので、みんなで歌いきれたこと自体が「奇跡」でした♪

【第3部】
♪上を向いて歩こう
2018合唱コンサート③ 
旦那さまによる「人間音源」中の写真ですw本番で初めて成功したので、もう「私たちって凄い!」の一言に尽きます。「ひとりぽっち」の歌だけど人数が増えていく構成にしたので、互いに支え合っている感じになり、グローリーのところなんか偶然にも3回目でハーモニーが完成して、支え合って一つになった感じが私の中では半端なかった。あまり好きな曲ではなかったけれど、なんだかこの編曲のは好きになりましたwそして先生をホッとさせることができて良かったなぁと思いました。

♪大きな古時計
他の曲もそうですが、今までの練習の中で一番上手くいっています。最初は元気な時計な感じ、後半部分の「お別れのときが来たのを~」のところからゆっくりになって、最後は止まりかけた時計の感じ、十分に表現してたんじゃないかな?と満足してます。

♪Shenandoah
ちょっと歌うところを見失って、私は一音を出遅れました。ミズーリ川の雄大さは、あまりなかったなぁ。。。という残念な感じはありましたが、歌いきれたのでOK。

【第4部】
2曲続けて歌いました。ナレーションにあった「小さな人生の意味を問う」を、みんなは感じて歌えたかな?私は『COSMOS』を歌っている最中に泣きそうになりましたw

♪走る川
昨年のリベンジをしました。昨年よりはクオリティもあがり上手く歌えてますが、「やがて~大地は広がる~」の切り替えはみんな苦手だったようで、もっと苦手なところこそ先生の指揮を見ればいいのになぁと思いました。でも途切れることなく歌いきれたし、言うことなしで良かったです♪

♪COSMOS
宇宙の壮大さがちゃんと出ていたんじゃないかなぁと思います。もうちょっとココは音を綺麗に降りたいなぁという個人的な反省箇所もあったりしましたが、すっごく良い感じに最後をキメたと思いますv(´∀`*v)ピースちなみに歌っていて泣けたのは「時の流れに~生まれたものなら~ひとり残らず~幸せになれるはず~♪」のところでした(:_;)

コンサートが終わった後はお客さんのお見送り。

コンサート情報を分かりやすく公開していない中、サプライズで聴きにきてくださったお客さまがいました。これにはビックリして目を丸くしましたよ。ありがとうございました!
2018合唱コンサート④ 
四俵@SOLAさんが小学生のときに先生の指導を受けられていたとかで、みんなが、そして先生もとても驚きました!そして団の事務局の方の知り合いが、四俵@SOLAさんと知り合いという。。。先生には一体、音楽でどれだけの繋がりがあるんだという驚きの一端を見ることができて面白かったですw不思議なメンバーでの写真となりました。

このあとすぐに会場の片付けに入ったので、私は娘の様子を把握しに行きます。

「37.4℃」

娘は余裕そうな表情で「かあちゃんはあっちに行け~」と何度も繰り返します。とりあえず「冷えピタ」を貼っていると、なんならじーじとばーばと家で待っているみたいなことを言うではありませんか。でも何度も「かあちゃんはあっちに行け~」というのがポイントなので、娘の顔を見るまでは悩んでいた懇親会への参加を断念することは、娘のお蔭で即決できました。あとは今後のあり方について、旦那さまに、そしてみんなのやる気に任せるだけだと思いました。私がいないほうが話しやすいだろうし~w

旦那さまが持てるだけの荷物の量にして荷造りし、義両親に娘と私を自宅へ送ってもらいました。娘は道中、拗ねた顔をして涙目になるのを我慢しながら、かあちゃんにもたれかかるのを嫌がって、でも眠りについたので、やっと胸をなで下ろすことができました。きっとかあちゃんを懇親会に参加させたかったのでしょう。でも参加できなかったのは風邪を引いた自分のせいではないと言い張りたいし、泣いてしまったらそれが嘘になる、と娘から伝わってきます。あー帰ることを即決できて良かった。。。

義両親が途中で晩ごはんも買ってくれて、私がシャワーをして娘と布団に入れる状況になったら、サッと香川へと帰りました。私は本当にお義父さんとお義母さんの優しさに感謝しかありませんでした。すぐに娘はすんなりと眠り、途中でご飯を食べてはまた寝たので、結局14時間も眠り続けましたね。

20時ごろに旦那さまが帰ってきて、色々と報告を受けました。来年もどうにかして10曲程度ないと私のモチベーションはだだ下がりという話をして、コンサートを人質にとった形で話を進めたと聞きました。みんながどんな反応だったかという不安は隠せませんが、まぁそれはそれとして仲間だから大丈夫だよね!と思いました。

「37.8℃」

娘はズビズバと鼻を鳴らしながらスヤスヤと眠っている中、旦那さまと一緒に動画を見て楽しみました。今年のコンサートも美味しかったなぁ(*^^*)

さて、今年初めてコンサート終わりに撮った記念写真。
2018合唱コンサート⑤ 
この写真はみんなの顔を隠しているので伝わらないと思いますがw、今年の無理は「本当に無理だったのか?」と思わされる程に、みんなの笑顔は素敵でした。この写真を一緒に見た娘に「〇〇が頑張ってくれたから、みんなで笑顔の写真が撮れたんよ」と教えると、とっても誇らしげな顔をして恥ずかしくなり、どこかへ引っ込んでいきましたw

一応、前年も美味しい味のコンサートでしたが、そこに至るまでが酷すぎたので、今年は先生にみんなのやる気を測られたように思います。それと同時に「あなたたちなら『たけみつ』くらいはできるでしょ?」という応援もしてくださっていたのかなぁと、集大成のコンサートを終えてから感じました。今年のコンサートは、先生の方から「みんながやりたいというなら『仲間』としてやりましょう」と初めて言ってもらえたので、みんなのやる気がしっかりと伝わったのでしょう。コンサートでの失敗は全て私の責任だと発する先生からの『仲間』という言葉に、どれだけの重みがあるのかをみんなに感じていて欲しい。。。来年はみんなの「この縁をなくすには惜しい」という気持ち、その願いを叶えるための行動を伴ったやる気を私が測ります。どうかもう少しだけは、このままの縁が続いて、「みんながみんな『仲間』でいて欲しいなぁ」と願っています☆彡

次は「今後への改善点」につづく。

hino cafe (minne) ←お時間のある方は、是非、遊びに来てください♪

スポンサーサイト



C

omment

お疲れ様でした。
「舞台裏」でそんなことがあったとは・・・本当にお疲れ様でした。
いやしかし、この「業界」はホントに狭い(笑)。

ウチも頑張りますよー(^0^)

四俵@SOLA URL | 2018/10/22 09:04 [ 編集 ]

Re: 四俵@SOLA さま
ながーい備忘録を読んで頂き、ありがとうございますw

毎年、舞台裏はハチャメチャな気もしていますが、今年はかなりヤバかったですね(~O~;)

団の中心人物が2人とも直前練習に参加できないって、相当みんなも焦ったんじゃないかなぁと。

案外、やる気スイッチが入って良かったかもしれませんね。

いやーしかし「人間音源」って有り得ないですよねw

ではではSOLAさんの定期演奏会、応援してまーす☆

ゆめ URL | 2018/10/22 09:39 [ 編集 ]

P

ost omment


あたらしい
遂にデビュー Sep 14, 2019
かあちゃん、11~14回目の出勤を終えて思うこと Aug 14, 2019
合唱。あとは前日&本番を迎えるのみ Aug 04, 2019
5歳の女の子、夏休みに初の市民プール Aug 03, 2019
かあちゃん、9回目、10回目の出勤を終えて思うこと Aug 02, 2019
こめんと
かてごり
ふるい
このみあれやこれやりんく
かうんたー