まるっとゆめ♪note 5歳の女の子、過剰歯にて口腔外科受診
FC2ブログ



毒親育ち×HSPによる子育て備忘録。時々、解毒剤&中和剤制作中♪ リンクフリー(*˘︶˘*).。.:*♡

Prev  «  [ 2019/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
ぷろふぃーる
5歳の女の子のかあちゃん
  「ゆめ」です(*˘︶˘*).。.:*♡

このブログは育児のことをメインに、人生において「学ぶべきものはナニカ」について「誰かのナニカの足しになれば」と、自分の考えていることを発信中。

かあちゃんは「真面目でチャランポラン」になることを目指し、「まるっと」人を包むような優しさを持ち合わせていけたらなぁと思っています♪

「more ぷろふぃーる」
My Favorite Things.時々更新してます。

↓フォロー&「いいね」してね♪

「hino cafe ♪ telier 」
↑私のお店でお買い物してね♪

「note」
↑私のnoteに投げ銭してね♪

どうぞ宜しくお願いします_(._.)_

since 2017.1.26
さくひんしゅう
こそだてぎょうじとらのまき
我が家の行事日記をまとめてみました。多くのかあちゃんたちのナニカの足しになればと記事にしてみました。長文注意。
こそだてかんごとらのまき
悩みは尽きない子育て中に困ったカラダのこと。多くのかあちゃんたちのナニカの足しになればと記事にしてみました。長文注意。
ずぼらりょうりれしぴとらのまき
作り方は手抜きですが美味しいです。ズボラになりたい人のナニカの足しになれたらと記事にしました。長文注意。

5歳の女の子、過剰歯にて口腔外科受診

初めての歯科受診で指摘された正中埋没過剰歯を見てもらうため、岡山大学病院の口腔外科へ受診してきました。


①受付で申請書を記入後、紹介状と共に提出
②実習生による問診
③口腔内チェック
④放射線科でレントゲン
⑤口腔外科で口腔内チェック後
⑥過剰歯の状態と治療法について説明を受ける
⑦麻酔の練習と次回の予約

虫歯治療の経験もあってか、娘っ子はカッチコッチにもカチコチにもならず、カチくらいで余裕がありました。

②で実習生が可愛らしく、さらに安心したようです。

③で見てくださった先生は、「基本的に過剰歯は、歯の根っこができる9歳くらいまでは取り除かずに待つんです。レントゲンを撮ってみないと分からないですが、歯の根っこができる前に過剰歯を取ると、歯の根っこができなくなることがあるからです」というような説明くださいました。かあちゃんはこの時「基本的に待つ」に安堵したのです。

④では、レントゲン室に1人で入りました。泣くこともなく、むしろカチコチのカチが功を奏して、キレイなレントゲン写真が撮れたようです。

⑤⑥ではレントゲンの2D・3D画像と触診を経て、先生からは「正中埋没過剰歯といって、この過剰歯が乳歯を押し出して早く抜けたようです。画像を見る限り、乳歯と永久歯の間に過剰歯があって、指で触ったら少し歯が触れる感じがあるので、5歳だし、しっかり座っていられるので、抜くのは今がベストだと思います」と説明くださいました。かあちゃんは③の話を聞いて安堵していましたが、急展開に驚きを隠せませんでした。でも過剰歯的にはある意味ラッキーな位置にあったので朗報だと言えば朗報でした。先生曰く「今の段階で過剰歯を取ってしまえば永久歯は問題なくキレイに生えてくるだろう」ということだったので、歯を抜くことを前提に話が進みました。歯を切開する場所を図で説明してもらい、局所麻酔をしてから過剰歯を抜くとのことで、あとは娘の気持ちをどれだけ作っていけるかという感じで話を終えました。

⑦娘は局所麻酔をしたことがないので、表面麻酔の練習をしました。指示が入ることや動かずおれることなども確認されたんだと思います。表面麻酔をしたところを先生が触って確認しますが、娘にはしびれたりとかの感覚(言葉)は理解できなかったようです。もしかしたら5歳くらいの子どもはこんな反応なのかもしれませんね。娘はあとになって車の中で「ぬるぬるする」と言っていました。次回の予約は5月10日です。

帰り道は先生から聞いた話を娘にします。親として1番心配で、娘にとっては大変な局所麻酔ですが、これを娘に理解してもらうことに言葉を尽くしました。この日にした表面麻酔の練習は「ぬるぬるする」けれど、娘は「このあとどうなるのか?」という疑問が湧いたらしく、かあちゃんが「時間が経って、おしっこになって体からなくなるんよ」と伝えると、娘は膀胱が「ぬるぬるになる」と思ったらしく、それはないことを伝えると安心していました。本番は局所麻酔をするのですが、この「ぬるぬる」が局所麻酔の針を刺したときに痛い感じを少なくしてくれること、そして局所麻酔をしたらしびれて感覚がなくなるというのを教えました。でもこの感覚は言葉を尽くしてもなかなか伝わりません。娘は足が極限にしびれたことがなかったからです。とりあえずそのことは置いておいて、局所麻酔をしたら歯を抜くときに痛くないこと、薬の効果が切れたら痛くなってくるだろうこと、かあちゃんに分かる限りのことは教えました。小さい包丁みたいなメスで口の中を切って、歯を取り出して、糸で縫ってくれる。娘はしっかりと話についてきて情報の海に流されることはなく、かあちゃんは「注射さえ頑張れたら、後はカチコチになって口を開けていたら先生が全部良い感じにしてくれる」と締めくくりました。

お昼ご飯は「コメダ珈琲館」で娘の食べっぷりに驚きました。そして午後は急遽「倉敷イオン」まで遠出をしましたよ。娘のお弁当箱を慎重するので選んでいるとプリキュアを発見。お弁当箱・箸・コップを購入しました。本当は箸・コップはいらないんですけどね。お揃いが嬉しいみたいなので、今日の口腔外科受診のご褒美としました。あとは「プリキュアのガチャ」も。minne-IMG_1218.jpg
欲しかった風船が手に入ってご満悦でしたよ。

かあちゃん、口腔外科で説明を受けている時に思いつかなかったのですが、あとから局所麻酔と抗菌薬についての疑問が湧いてきました。娘の低身長疑惑を先生と話せてなかったので、まさかそんなことはないと思うけれど、5歳の分量で投与されたりしないかなぁと心配になったのです。次回のとき治療が始まるまえに話題にしておきたいなぁと思っています。あと思っているのが一つ。元々、過剰歯が原因で乳歯が押し出されて抜けたのなら、過剰歯は前へ出てこようとしているわけで、触診で過剰歯がそこにある感じが分かるのなら、5月までに生えてきてくれないかなぁ?と。そうしたら見えない場所の歯肉をめくって取り除くより、ちょっとでもリスクが少なくなってくれるのになぁと。

どうか無事に全てがうまくいきますように☆彡

スポンサーサイト

C

omment

P

ost omment


あたらしい
かあちゃん、11~14回目の出勤を終えて思うこと Aug 14, 2019
合唱。あとは前日&本番を迎えるのみ Aug 04, 2019
5歳の女の子、夏休みに初の市民プール Aug 03, 2019
かあちゃん、9回目、10回目の出勤を終えて思うこと Aug 02, 2019
5歳の女の子、コマなし自転車に乗れました! Aug 01, 2019
こめんと
かてごり
ふるい
このみあれやこれやりんく
かうんたー